モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

マダム陽子のひとりごと。8

 

f:id:atelier_youco:20210503142856j:image

 

 

 

 

ブログ

 


アトリエモナトリエYは

 


マダム陽子誕生とともに

 


いのちを宿した

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


はじめて記した記事

 


最近記した記事

 


客観的に見比べてみて

 


あなたはどう感じる?

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


あなたは

 


自分は文字で想いを表現するのは苦手だから写真メインでブログアップする

 


といっていた

 

 

 

でも

 

アトリエヨウコソ。

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/03/21/084050

 

 

から何か掴めた感覚をあなたは持った

 


それに伴いホンモノのまだ姿形が見えないアトリエモナトリエYへの燃料も注入されつづけている

 

 

 

✳︎

 

 

 


あなたはこれまで他の人のSNSに目を通し情報を得ていた

 


有益な情報そしてこの情報は一体なんなんだ?というものも含めて。

 


だけど今は極端にへり自分のブログに熱中している

 


妄想インフォメーションシリーズがとてもおもしろくて続きが早く読みたい!と思っている

 


一読者としてそしてエセエッセイスト笑

 


として楽しんでいる

 


それは自分に集中していることをさしている

 

 

 

✳︎

 

 

 

そして半信半疑だった理想的な住みたいおうちは必ず存在すると感じている

 


誰かにここにこんな建物あるよ!ってシェアしてもらったわけでもないのに自分はそう感じている

 

 

 

引越しして一か月過ぎてもここはほんとの自分の居住地だろうか

 


ここに根を下ろすのはイメージがわかない

 


すぐにでも戻りたい

 


だけどそれも違うような氣がする

 


とも思っている

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


でも先日ドライブでひと月ぶりに愛する地へ行った時

 


あぁここやっぱすきだわ♡って感じていた

 


そしていつものデパートで大好きなホタテや地元産の塩やダーリンコンブなどを買いだめし

 


さらには駅のテナントで引越しのおせんべつでいただいたカップシフォンケーキや無添加サブレをお買い上げし駅から出て信号待ちしていたときふと

 

 

 

マダム陽子がこうして買い物してあのアトリエへと帰る

 


そのタイムラインは存在する

 

 

 

と根拠のないイメージがあり

 


そして三年間ここに居たときとは違った想いがあなたの中に湧きあがっている

 


これまでにない確信にも近いような感覚

 


でもわたしはこの買い物が終わったらまた引越し先へと帰る

 


いまいる場所はここじゃない

 


だけど引越し先でもコトバはどんどん降りてくる

 


といって何か真新しい出来事があったわけでもない

 


でも自分なりに校正しながらはてブロを更新しているし未だにこの日記帳意味わかんないといいながらも13の月の暦ダイアリーにも妄想を綴りそのカレンダーも茶の間の壁に飾っている

 


そのカレンダーを見るととても心穏やかで不思議と安心感があり自分に合っているなと感じている

 

 

 

✳︎

 

 

 

そしてあなたはコトバを記すことも楽しくなってきている

 


あなたの大好きなあの小説家さんも下の名前がヨウコさん

 


その方の知的で自然と流れるような構成

 


そして愛とは何かと問いかけてくるようなあの文章がとても好きだった

 


その方の本はもう全て手放したけれど

 


いまは自分なりの文章をコツコツと綴りそれは自分オリジナルになりつつあると感じながら綴っている

 

 

 

✳︎

 

 

 

だけど引越しするまでのプロセスを振り返ると

 


引越しするってわかってからあなたは買い物が不便になるからと言って衣を整えようとした

 


そしたらあの運命の和ンピースにも出会いお宿のシャレオツギャラリースペースでセルフィーを撮りその写真をみてコトバが突如降りてきてアトリエヨウコソ。マダム陽子が誕生した

 


その中でもやっちまったな自分的な出来事も並行して起きた

 


だけどこの引越しはイミがないようでイミがある。

 


とあなたは日々感じながら雨と風が降り続ける休日

 


二度とないこの瞬間を過ごしている

 

 

 

 

 

 

陽子