モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

妄想インフォメーション19

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 

 

みなさまは贈りものをもらった時

 


これ使わないんだけどなぁ


そうだ!あの人そういえばこれほしいなって言っていたから譲ろう!


そして譲ったあと程なくすると今度は別の人から


あなたこれほしいって言ってたの思い出したからこれあげる

 


なんていうやりとりをされたことはあるでしょうか


一見繋がっていないように見える不思議なやりとり


実は繋がっているとしたら


あなたさまはどうお思いでしょうか


わたくしはこれは別々ではなく全て繋がっていると思うのです


昨今の出来事を経験しそれはますます確信になっていきます


そんなことをアットホームな雰囲氣の会場にいるわたくしは感じておりました


関係者さま方のご挨拶が終わるとパーティーは賑やかに始まりホテル職員さま方がお飲み物や食事をテーブルへと届けてくれました


するとパパ職員さまからアナウンスが入り

 


本日の飲み物は生ビールに加えてオーガニックワインそして減農薬のりんご100パーセントジュースそして隣接する島の雪解け水のミネラルウォーターさらには冷やしたオーガニックハーブティーとなっております


食事は地元最北端の海鮮を使った料理や無添加の焼きそばそして大豆ミートを使用した品々さらには減農薬のお米を使用した寿司各種を取り揃えております


そしてシメのデザートには無添加プリンをご用意しております

 


わたくしはそのアナウンスを聴き思いました


おそらくお取り寄せマニア友のネエサンいえ女性秘書さまがホテルのみなさまと検討し企画したものだと


するとあちこちからこれ大豆なんだって!ええ?お肉だよこれーなどという声とともにわたくしはありがたい思いでいっぱいになりながらそのマニアなお品の数々をお皿に取りいつもの味を口にしました


そして司会から帰ってきたパパ職員さまさらには空席だった右隣には広報カメラマンさまが戻られ互いに食事を囲みながら本についてなどの話をさせていただきました


そんなのんびりした心地よい空間の中パパ職員さまは抽選会の司会にいくとのことで希望の品が当たるといいですねといいステージへ


そして右隣の広報カメラマンさまとカメラ談義をしているとパパ職員さまの声が再度アナウンス

 


みなさまそれぞれにお楽しみのことと思いますがただいまより抽選会スタートといたします


お手持ちの番号はございますでしょうか?


今一度ご確認ください


ではこのたびの景品を紹介させていただきます

 


まずは日用品から

 


市販のものよりも日持ちするという保存袋○名さま分


同ラップ○名さま分


そしてセレブなハコティッシュ○名さま分


同メイカーのトイレットペーパー○名さま分


すすぎゼロで洗い物や掃除にも使える洗剤と詰め替えセット○名さま分


無添加の5食入りインスタント麺一袋○名さま分


隣接する島の雪解け水のミネラルウォーター二リットル一本○名さま分


さらには500ミリリットル二本○名さま分

 


そしてここからはご提供さまと共にご紹介させていただきます

 


まずはラジオ局さまより

フラワーギフトカード○千円分 一名さま


地元新聞社さまより

地元スーパーで使える商品券○千円分 一名さま


公共施設に隣接するイベント施設さまより

都市間バス往復チケット 一名さま


出版社さまより

一眼レフカメラ 一名さま

なおこちらは出版社さまが以前に他社からいただいたものではありますが未使用新品とのことです


列車機関紙さまより

都市までの列車往復チケット 一名さま


島々一同さまより

フリーパスで利用できるフェリー券 一名さま


ホテル職員ご一同さまより

スイートルーム一泊夕朝食事付き 一名さま


公共施設一同より

本州への往復航空券 一名さまペアにてご提供


そしてアトリエモナトリエYマダム陽子さまより

日本の最北から マダム陽子の妄想トラベルストーリー 一名さま


こちらの品の数々は参加者全員お一人お一人に届くよう準備させていただきました

 


そのアナウンスにおおー!!という歓声とざわつきが広がり豪華だな!すごい太っ腹!との声があちこち広がっていきました


わたくしはというと自分が愛用している日用品のマニアな数々のお品がこの場で登場したことに何故か笑いが止まらなくなり体を振るわせていました


そんな中でもわたくしは希望のお品をチェック


まずは一眼レフカメラ


わたくし以前は一眼レフでカメラを撮っておりましたが最北端へ来てからは遠ざかっていたのでぜひゲットしてピクチャーウインドウなど風景写真を撮りたいともくろむ


そしてそれがダメならフェリーフリーパスチケット


ちょうど船旅も計画したので当たったらありがたく使わせていただく

 


そしてふとこんなイメージも

 


そのプレゼントの一眼レフでダーリンそして奥さまを撮りながらフリーパスチケットでフェリー旅をしてマニアな時間を楽しむ

 


なんてことを妄想しておりますが一人づつ平等に当選するという企画なのでそれは不可能です


ですがどれが当たってもうれしいお品の数々にわたくしニンマリしております


そして隣の広報カメラマンさまがカメラ当たるといいですね!との声にわたくしハイ!と笑顔で答えました


ですがパパ職員さまからプレゼントに番号札をいただいていたことを思い出しわたくしこれはどうしようかと思っていると


ステージ上にはサポート役の女性秘書さまそして秘書ドライバーさまお二人の姿も見えパパ職員さまの抽選会始まりますの声によっしゃ当てるぞーなどと声が聴こえるとドッと沸きながらゲームはスタート


丁寧にそのお品の説明をするお三方の声ややったあ!あれ欲しかったーなどの声が会場内に聴こえてさらに盛り上がっていきました


すると次の景品はあの洗剤になりわたくしそういえばそろそろ頼まないとなーと思っていた矢先


7番の方いらっしゃいますかの声にわたくしハッとして自分の番号を確認すると7と書いてありハイ!わたしです!の声におおー!


と言う声と拍手が聴こえわたくしステージ上にあがるとおめでとうございますとパパ職員さまがいいそのお品をマニア友の女性秘書さまから受け取りお互いニヤリとする


すると よっ!公共施設のウラのオサおめでとう!の声に会場ドッと沸きわたくしその方へやめてとジェスチャーする


するとウラのオサっていいネーミングだね!その通りだと少々アルコールもはいったせいかその本家さまはご機嫌な様子でそうおっしゃってしました


ヒヤヒヤしながら席へと戻ると広報カメラマンさまはカメラじゃなくて残念でしたねと話すがわたくしこれも欲しかったからよかったですと答える


順調に進む中次は一眼レフカメラのアナウンスがあり周りからはおおーの声にカメラは使わないなあなどの声も広がるなか31番の方です!の声に


あ!自分だ!と隣から聴こえるとすぐさまステージへ受け取りに行くとカメラいっぱいあるのにどうするの?という女性秘書さまの声に笑いがありながら


広報カメラマンさまは少しお話させてくださいといいマイクをパパ職員から手渡されるとこう話す

 


自分は広報カメラマンとして数年経ちこれまで数々の人物を撮りそして取材させていただきカメラの腕を磨いてきました


そんな中マダム陽子さんのアトリエが重要文化財として認定され執務室で記念の撮影をさせていただいた時


マダム陽子さんの立ち振る舞いが繊細ながらも自信をもっていてこちらが言わなくてもその思いを汲み取るかのようなポーズなどを取られるのをファインダー越しからみてこのような方ははじめてだと思いました


そして最北端のモニュメントでの撮影の中でも何も言わずともポーズを決められあっという間に撮影は終了しました


その姿を見て自分はもっと撮影する方の魅力を引き出してカメラ技術をより向上したいと思い仕事の合間をぬい今は色々な写真コンテストなどに応募しております


そんなきっかけをいただいたマダム陽子さんへお祝いの品としてこちらをおわたしさせていただきます

 


その言葉に一同拍手が置きそしてマイクをパパ職員さまへ手渡すとマダム陽子さんこちらへどうぞと言う声にわたくし信じられない思いでゆっくり立ち上がりそちらへと向かう


すると広報カメラマンさまからおめでとうございますとそれを差し出されわたくしありがとうございますと受け取ると再度拍手の音が鳴り響きそして二人で席へと戻りましたが


わたくしまだ信じらなくてボーゼンとしているとカメラ生活楽しんでくださいの声にわたくしハイというのが精一杯でした


その後広報カメラマンさまは会場の様子を撮りにいくといい席を離れました


そしてあのフェリーフリーパスチケットとなり22番の方というとハイ!とわたくしの正面にいたダーリン島の最初にお名刺をいただいたオサさまが当選


するとおお!なんとフェリーで来られたオサさまが当選しましたね!の声に一同拍手しステージでありがとうございますと受け取り


こちらへ戻る際に正面の席ではなく広報カメラマンさまの席へと座りわたくしにそのチケットをそっと差し出し小声で

 


こちらのチケットでぜひお越しになってください

 


島々一同お待ちしております

 


わたくしは言葉が出ませんでした


ですが手は自然と出てそれを受け取るとやっとの思いでありがとうございますと呟くと何事もなかったかのように正面の席へと戻りニッコリとされました


あまりの出来事にわたくし思考が完全ストップしてしまいました


なんで立て続けにこんなことが起こるのか


そしてほしいお品が次々と届くのか


もはや奇跡を超えたものが起きている


わたくしはたしかに数十分前にこう妄想していました

 


以前は一眼レフでカメラを撮っておりましたが最北端へ来てからは遠ざかっていたのでぜひゲットしてピクチャーウインドウなど風景写真を撮りたいともくろむ

 


そしてそれがダメならフェリーフリーパスチケット

 


ちょうど船旅も計画したので当たったらありがたく使わせていただく

 


そしてふとこんなイメージも

 


そのプレゼントの一眼レフでダーリンそして奥さまを撮りながらフリーパスチケットでフェリー旅をしてマニアな時間を楽しむ

 


そして

 


あの洗剤そういえばそろそろ頼まないとなー

 


誰がそのオーダーを聴きそして準備しそれを届けているのか


思考が完全ストップしている中でも希望のお品はどんどんと届いていく


そして抽選会も残りはあと三品となり


次はホテルご一同さまのスイートルームですの声にこれはすごいなぁと周りからの声にパパ職員さまはこうアナウンス


支配人さまと公共施設代表オサとは古くからの友人でありこのたびのおめでたい席には互いにどちらの景品が一番か競いあおうと言うこととなったとのことです


その声に会場から笑いが聴こえるとどっちもすごいぞー!との声が聴こえる


そしてオサさまが隣の席にいた支配人さまへお前がくじを引けというとわかったといいステージに上がった支配人さまは一礼すると抽選箱に手を入れそして17番です!といい右手をあげる


その声にわたくしハッとしてパパ職員さまからいただいた紙を見ると17の文字にわたくしハイと答えると会場はどよめきざわつく


そんな声を聴きながらわたしはまっすぐステージへと向かい支配人さまへと向き合いこのたびはおめでとうございますといいそのチケットを差し出されるがわたくしすぐさまこう話す

 


このたびのスイートルームの当選ですが実はパーティーが始まる直前に隣席にいた司会者さまから自分は参加できないからといいその紙を手渡されました


わたしは参加できない司会さまから預かっていたものと思いこれまでの時間過ごしていました


ですのでこちらのチケットは司会者さまへとお渡しくださいますようおねがいいたします

 


そういい終えるとパパ職員さまのその表情は驚きと戸惑いそして嬉しさも垣間見える表情をされていたそのとき


支配人さまはくるりと向き直りでは改めておめでとうございますとパパ職員さまへと向ける


そしてありがとうございます!という声が聴こえ拍手が聴こえる中わたくしご家族みなさまで楽しんでくださいというと


その目はほんの少し潤んでいながらもありがとうございます!とわたくしのほうをしっかりと見ていました


そして戻ろうとするとせっかくですからここにいらしてくださいとパパ職員さまがいわれた為わたくしわかりましたといいステージに残る


すると支配人さまはオサさまへ次はお前の番だぞというとおうわかったといいステージをバトンタッチ


するとオサさまそしてわたくしが並ぶスタイルとなりすかさず

 

おおー!!と会場内に声が飛ぶとこれが見たかったんだよ!今日は嬉しいわ!

 


というあのラジオ局の受付おじさまの声に会場さらに盛り上がりわたくしやめて!とジェスチャーするがもはやそれはムダな行動でした


そしてパパ職員さまがそれでは次の景品は公共施設より本州へのペア往復航空券ですの声にすごい!ペアってマジ!?などと大いにどよめく


そしてパパ職員さまがこれまでに受け取っていないかたはいらっしゃいますかの声にハイ!と立ち上がったのはあのおじさまとそしてわたしもですという女性秘書さま


パパ職員さまはではこちらへお越しくださいとおじさまへ声をかけると軽やかな足取りで向かうおじさまは女性秘書さまとステージ上で並ぶ


それではオサに抽選くじを引いていただきますといいおもむろに箱に手を入れそれを引くと8番といいすかさず自分だ!といい紙をパパ職員さまへ見せるおじさま


おめでとうございます!ではオサからチケットをお受け取りくださいの声にこのたびはおめでとうといいおじさまへ手渡すオサさま


会場から拍手が聴こえるとありがとうございます!カミさんと旅行行こうかなといいながら笑顔で受け取られていました


それをみたパパ職員さまはそれでは最後はアトリエモナトリエYマダム陽子さまの提供の出版本は女性秘書となりましたので受け渡しをお願いいたしますの声に


わたくしそして女性秘書さまと向き合い本を秘書ドライバーさまから本を受け取りそれをおめでとうございますといい手渡すと女性秘書さまは受け取ったままじっとその場にいた


その様子を見ていたパパ職員さまはどうかしましたか?の声に女性秘書さまはハッとされるとマイクを貸してほしいといいパパ職員さまから受け取ると

 

 


実はみなさんへお話したいことがあります

 

 

 

 

妄想インフォメーション20

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/04/30/073100

 

 

 

 


陽子