モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

妄想インフォメーション29

 

わたくし

 


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


想像を創造したつかの間のひとときはあっという間に何事もなかったかのように終わる


でもその自分が体感した余韻はいつまでも消えずに心に体に残る


即興ピアノそして即興トークという自分をいかんなく表現出来る環境にわたくしはこの上なく幸福と満足感を感じていました


そんなピアノ演奏からのしめのアナウンスが終わると会場はどっと湧きながら


いいぞー!よっウラのオサ!ありがとう!などと言う声があちこち聴こえわたくしはマイクのスイッチを切り舞台マネージャーさまへお返しするとやっぱりマダム陽子さんの即興は楽しいです!と言いながらマイクを受け取る


そして施設長さまも面白かった!と笑顔で話されるなかわたくしスタッフネームを再度お借りいただけないかと話すとえっ?と言う表情をされながらもわたくしそれをまた首にかけながら


今日はボランティアスタッフとしてお手伝いさせていただいているので後片付けに行きますというと一同から拍手がわき起こり


そんな様子をみた施設長さまはあなたのそんなスタンスがステキですと話す


そして一同にお礼を告げわたくしは売り子をしていたブースへと向かうと担当者さまがわたくしを笑顔で出迎えすばらしいピアノだった!と拍手で出迎えてくださりわたくしお礼をのべ一緒に後片付けへと入る


するとお帰りになる観客さまがたがわたくしの姿を見てピアノすごくよかった!ありがとうと言われわたくしありがとうございますと話す


そんななかマダム!の声がしてわたくし顔を上げるとそこにはオサさまや女性秘書さまと秘書兼ドライバーさまの姿に


わたくしはブースを出るとオサさまが右手を差し出されたため互いに握手するとあなたの魅力が全面に出されたすばらしい演奏をありがとうと話しわたくしありがとうございますと答える


そして手をゆっくり離すと女性秘書さまは目を真っ赤にさせすぐさまわたくしにハグ


互いにしっかりと腕に力を込めていると女性秘書さまはあなたと出会えてほんとうに良かったと涙ながらに話し体をゆっくりと離し互いにほほ笑む


その様子を見ていた秘書兼ドライバーさまはあなたの人柄全てがあの音楽に込められていましたとわたくしの目をしっかりとみて笑顔で話す


そしてそれじゃあまたといい三人さまは公共施設へと戻っていかれました


程なくするとマダム陽子さん!の声に顔を上げるとそこにはプライヴェートで演奏を聴きに来ていたパパ職員さまファミリー一同のお姿にブースを出ると


ビックリです!すばらしい演奏でした!と話すパパ職員さまにつづいてずっと聴いていたいピアノをありがとうございますと話す奥さまに続き


演奏もファッションもとてもステキでした!トークも面白かったです!というムスメさまの後にピアノ良かった!と長男さまが話しわたくしありがとうというとウラノオサってなに?と聴く長男さまに一同大爆笑


そんなこと知らなくていーの!と話すムスメさまにだってきになるんだもん!という微笑ましいやりとりに


わたくしはウラノオサっていうのはねわたしも実はよくイミがわからないで言ってるのというとふうんという長男さま


じゃあボクのことこれからウラノオサってよんで!の声にその場は再度大笑いの空間となファミリーご一同さまは笑顔で帰られました


そして売り子のブースの片付けに取り組み無事全て終わったところで事務室へと入室


すると施設長さまや職員さまがデスクにおりわたくし後片付け終わりましたと伝えるとおお!という一同の歓声のあとに施設長さまはありがとうございます!といい互いに握手


そしてスタッフネームと諸所のものをお返しすると関係者が撮影したあなたが演奏した映像があるのですが見てみますか?の問いにわたくしぜひと言うとじゃあこちらへといいデスクトップパソコンの画面に案内される


そして音量を上げどうぞ座って観てくださいと言われわたくしはありがとうございますといいその映像へと目を向ける


するとそこにはわたくしマダム陽子の姿はなかった


そこにいたのはあの美しいグランドピアノを軽やかに弾きあのピアノ大好き!と言っていた小さな女の子


女の子はピアノをとても愛しむようにそして並べられた鍵盤を愉しく奏でている


純粋にそしてメロディをただただ自分が奏でたいように音を紡いており不協和音とも言えるような音その全てをハーモニーに変え演奏する姿にわたくしは自然と涙があふれハンカチでそっと拭く


そして演奏が終わり大拍手となったところで映像は終了


施設長さまはこちらの映像は今焼き増ししてあなたへ差し上げますと話しわたくしありがとうございます!というとどうぞこちらへといいミニ応接コーナーへと案内される


すると職員さまがこちらをどうぞといい差し出されたのは最北端のカップアイス


施設長さまと互いに向き合いそしてアイスを手に取りながらこう切り出す

 


あなたがボランティアスタッフとして参加すると申し出があった時はわれわれ一同とてもうれしかった

 


そしてあなたとピアニストたちが一度ここで話した時あなたがとても目を輝かせて二人を見ていたのがとても印象的だった

 


そのあと調律師の作業を真剣に見る姿

 


その完成したピアノを大切にカメラへと納める姿

 


さらには調律師とのコミュニケーション

 


ピアニストたちからのメッセージに涙する姿

 


演奏が交代するときの真剣で心温まるアナウンス

 


そしてあなたのあの美しい演奏

 


あなたはほんとうに心からピアノを愛していらっしゃるんだなとわたしは感じました

 


そんな演奏を聴けてわれわれ一同もほんとうに嬉しいです

 


さらにはそのあとの笑いを含めた即興トークもあなたらしいスタイルでとてもよかったです

 


このたびはほんとうにありがとうございました

 


そう笑顔で話す施設長さまにありがとうございますといい二人で残りのアイスを食べる


するとノックの音とともにピアニストマネージャーですといいあのマネージャーさまが入室


わたくしの姿を見るとまだいらっしゃってよかったといいピアニストがあなたと話したいと言うので控え室へときていただけるかの問いにわたくし立ち上がりすぐ行きますと言う


そして施設長さまにごちそうさまでしたと言うともう少ししたら焼き増しができるのであとで取りに来てくださいといいわたくしわかりましたと話す


そしてマネージャーさまの後に続き控え室へと向かいドアの前に着くとノックをしマダム陽子さんがいらっしゃいましたの声にどうぞと答えがあり入室


すると着替えを済ませそして表情もはじめてお会いした時と変わらない様子のピアニストさまにわたくし具合はいかがですか?と聴くともう大丈夫ですよと笑顔で話すピアニストさま


そしてこちらへどうぞと言いわたくしはピアニストさまと向き合いマネージャーさまはピアニストさまのそばへ立つ

 


このたびはすばらしいハーモニーを聴かせていただきありがとうございました

 


はじめてあなたとお会いした時わたしはあなたは自分と同じ眼をしている

 


それはピアノそして音楽を愛しているという共通の想いが互いにある

 


それはものをいわずともわたしはあなたの装い含めそのいでたちを見た瞬間に感じました

 


そしてわたしがあなたへ演奏を依頼した時に流したあの涙

 


それはとても純粋な思いから溢れ出してくるものだということを自分の体調がすぐれないなかでも伝わった

 


さらにあなたの演奏を聴いていて自分の顔色がみるみるうちに温かくなっていくのを感じそして氣分が心穏やかになっていきました

 


そしていつまでもこのメロディに浸っていたい

 


そんなすばらしいピアニストと出会えてわたしはもっとピアノを音楽を大切にしていこうと感じました

 


あなたとの出会いに感謝します

 


そう言い終えたピアニストさまにわたくしは込み上げるものを感じながらもしっかりその姿を見つめありがとうございます!というと互いに握手


するとノックの音がして入ります!と言う声とともに入室したのは調律師さま


わたくしすかさずこのたびはありがとうございましたと話すと調律師さまはこちらこそすばらしいピアニストとの出会いを嬉しく思いますと話す


するとマネージャーさまが明日帰る前に三人でわたくしのアトリエ兼住宅に行きピクチャーウインドウを鑑賞希望そして相談したいことがあるとのこと


わたくし明日午前中なら可能ですと話すと良かったとお三方は顔を見合わせる


そしてわたくしは明日お待ちしていますといい控え室を後にして事務室へと行くと施設長さまが焼き増しできましたといいわたくしへそれを手渡す


ありがとうございますといいカバンへしまいこのたびはありがとうございましたと一同さまへ伝えるとこちらこそと笑顔で話しその場を後にする


そして施設ホールを出て車に乗りアトリエへと帰る途中でマネージャーさまからお借りしていたハンカチを新たに購入しようとデパートへ寄り


貸していただいたハンカチと似たようなデザインを探していると美しい花柄の一枚がありギフト用として購入し帰宅


支度を整え夕食を済ませたあとオーガニックハーブティーを準備しながら合間にパソコンを起動


お茶を居間テーブルへ置きいただいた映像メディアをセット


するとキュルキュルと円盤が回る音がしてわたくしはボリュームを最大にする


そして眼を閉じその二度と奏でられない無二のメロディを改めてじっと聴く


その音はいま居住地としている地域そして島々や自分自身さらには生きとし生けるもの全ての存在をピアノという一つのアート作品として奏でられたその余韻に浸りながら翌日を迎え


わたくしはお三方さまがいらっしゃるとのことで朝早起きしてあちこちを大掃除


そしてあの空室の音楽スタジオをそっとあけお三方さまは興味を示し入室するかもしれないと思い念のため掃除


それが終わりお茶の準備をしているとチャイムの音がしてわたくし玄関を開けるとそこには笑顔のお三方さまの姿


ピアニストさまはお元氣なご様子でこちらは美術館のようなお住まいですねとほほ笑む


わたくしはどうぞお入りくださいと玄関ホールへとご案内するとすごい家!と話すみなさま


まずは玄関ホールに展示している旅で撮影した愛しのダーリンや奥さまそして最北端の写真の数々を鑑賞されていました


そして居間のピクチャーウインドウをご案内すると一同これはすごい!とそのダイナミックな作品に眼を向けしばし言葉を失う


するとマネージャーさまがピアニストさまへ写真撮らせていただきましょうかと言ったためわたくし一眼レフでそれぞれお撮りしますというとわたくし部屋からカメラを取り出しまずはピアニストさまを撮り


そしてピアニストさまお二人さらには調律師さまお三方さまをカメラにおさめ


さらにピアニストさまがわたくしと二人で撮りたいとおっしゃりじゃあ自分が撮りますと調律師さまはわたくしの一眼レフを持ちシャッターを押す


そして今度は全員で撮ろうということになりわたくしスマホと三脚を取り出しリモコンでおさめる


出来上がったら各事務所宛送ると話すと楽しみだと話すお三方さま


わたくしは忘れないうちにとマネージャーさまへ昨日お借りしたハンカチを汚してしまったのでと昨夕購入したハンカチのギフトボックスを差し出す


マネージャーさまは驚きながらもありがとうございますと受け取りその封を開けるとこれは美しいといいあなたの繊細な心遣いに感謝しますと話す


そして居間ソファへご案内するとわたくしオーガニックハーブティーそしてお茶うけの無添加サブレやベリークッキーを準備


四人揃うとピアニストさまはわたしが思っていた以上のすばらしいアトリエであなたにふさわしい住まいだと話す


そしてマネージャーさまは相談したいことがあるというのは実は調律師からなのですという


その調律師さまはハーブティーを一口すするとカップを置きわたくしにこう話す

 


自分は調律師とは別にピアノも販売している

 


半年ほどまえ常連さんがグランドピアノを購入していただいたが自宅納入直前でピアノを弾くことができなくなってしまった

 


支払いは済ませていたがピアノは行き場をなくしてしまい今はやむを得ず自分の店にある

 


真新しく調律もしっかりとしてあり弾くには問題はない

 


どうしたらいいか悩んでいたが昨日あなたのピアノを聴き思った

 


あのピアノはあなたのところへ行くために店にあるのだということを感じた

 


そして演奏終了後二人に相談するとそれはいいアイデアだと大賛成してくれた

 


あなたは今ピアノを持っていないと言っていたのでおそらく持ち物が被ることはない

 


グランドピアノはお代も頂いている状態

 


そして輸送料や年に数回の調律もこちらからの提案のためあなたには一切の負担はない

 


調律は自分ができる限りはこちらに出向きメンテナンスさせていただく

 


万が一できなくなった場合は弟子にそれを引き継ぐ

 


ぜひご検討いただきたく今日は訪問させていただいた

 


そう静かに話し終えた調律師さま


わたくしは全身の体がブルブルと震え続けそれは止まりませんでした


それは恐れや不安などからくるものではなくこれまで受け取った奇跡を遥かに超える最大の贈り物だというのを肌で感じ取っていました


そしてわたくしはまずお三方さまに見ていただきたい部屋があるといいご案内


その一枚のドアをあけるとおお!という歓声がその部屋に広がる


実はアトリエに来た時にすでに音楽スタジオとしてブースがあったがこれまで利用機会がなかったと話す


するとピアニストさまはわたくしにニッコリと

 


アトリエモナトリエYはこれで完成ですね

 


その言葉にお二方さまも頷き


すばらしい美しいハーモニーが誕生しましたねと話すマネージャーさまに続き


ピアノもあなたという無二のアーティストのところへ住め喜びますと調律師さま


その言葉にわたくしありがとうございますと話し四人でその部屋をじっと見つめる


そして帰りの時間となり調律師さまは詳しいことが決まり次第デンワすると話しここへ来られて良かったとお二方と笑顔で話しながらお三方さまはアトリエを後にしました


わたくしは見えなくなるまでそこに立ち続けそして風が夏から秋へと移ろいでいく様相を感じていました


そして季節は秋へと移り変わっていく中


わたくしは一枚の書類を提出しました


それはアトリエモナトリエYを法人化するという申請書


これから多種多様で活動していくには法人化していった方がいいとみなさまからアドヴァイスをいただきわたくしもタイミング的に今だなと感じ

 


このほどひとりシャチョーとあいなりました

 


以前わたくしは独立を試み自分が自分のボスになる!と宣言したもののそれはネタとなってしまっっていたのですがこうして実現できたことに安心しています


そしてわたくしの会社の会計諸所の案件を専属サポートしてくれる方々とのご縁もありみなさまのカンペキなサポートにより無事花開くこととなりました


そして雪が降る直前のある快晴日にわたくしの最強の中の最強パートナーが我が家にお嫁入りしました


わたくしどのようにお嫁さまは入室するのか興味深々でしたがそこはプロ


サクサクと手慣れたそして丁寧な手付きであっという間に定位置へ到着


そして今日は弟子も一緒に連れてきたといい互いにはじめましてのお名刺交換


お嫁さまの最終メンテナンスを二人で確認し問題がないと無事終了


そしてお嫁さまを連れてきたみなさまは何事もなかったかのようにアトリエを後にする


誰もいなくなったアトリエでわたくしはお嫁さまがいるお部屋に失礼しまーすといい入室


するとお嫁さまはピカピカと美しいお姿で出迎えて下さりわたくしノリで眩しい!とリアクション


そしてカメラマニアマダム陽子は早速一眼レフでカシャカシャ


そしてスマホセルフィーでパチリとしニヤニヤしているとふいにわたくしザイアクカン的な感情が押し寄せすかさずダーリンも大好きだよ!と話す


そんなヒトリコントはそこで終わりわたくしは椅子に腰掛け脚を伸ばし椅子の高さを調節


そしてその鍵盤をじっと見ていると

 


ピアノだやったあ!

 


と大喜びする声が聴こえわたくしまずは人差し指で鍵盤をポー…ンと押す


そしてその余韻が終わり両手を鍵盤に乗せると静かにメロディを奏で始める


その音は全てが始まりそして全ての終わりを表現するかのような不思議な音

 


そのメロディを聴きながら今この瞬間が全て完璧である

 


ということをひしひしと感じながら新たなパートナーとともに至福の空間を過ごしていた

 

 

 

 


陽子