モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

妄想インフォメーション24

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


みなさまは会社の飲み会もしくは集まりで突然あなたスピーチしてくれる?と言われたことはあるでしょうか

 


ええ?事前に頼まれてもないのにそれはムリ!

 


もしくは

 


あの人スピーチ上手だからその人に頼んでみたら?

 


あるいは

 


よっしゃ!じゃあやってやる!

 


色々な選択肢がありますね


ですがその選択の余地が一切ないパターンがあることをわたくしはあのアトリエに来てからこれでもかというくらい体験しています


仮にこういう例もあるとすると如何でしょうか

 


表上では喋る人がいない

 


だからあなたに頼む

 


でもホントは

 


わたし喋りたいからご指名してね!

 


だったとしたらどうでしょうか


もしこれがホントだとしたらわたくしは思っている以上のエンターティナーなんだなと自分ながらに感じます


ダーリンバッヂが再度この場へわたくしを呼び寄せたかのような不思議な展開を体感してひしひし感じております


わたくし現在一時間の生放送のフリートーク枠をいただきトークしているとは言え久しぶりに緊張しております

 


そんなわたくしの様子を知ってか知らずかご機嫌で番組の流れを書いた用紙に目を通す美人DJさま

 


そして開始時刻となりオープニングの音楽そしてジングルさらにタイトルコールが流れそれが終わると

 


みなさまこんにちは

 


おなじみのDJがお送りする生放送

 


本日は月に一度の島からの放送となります

 


実は本日予定していたパーソナリティの方が都合で欠席しわたし一人で怒涛のトークをするかと思っていましたが

 


なんと!本日偶然にも旅をしているこの方と運命的な出会いをしました

 


本土のスタジオではいつも顔を合わせていますが

 


この方とこうしてトークするのは久方ぶりです

 


それは誰かって?

 


当てたらその方から何かいいものがプレゼントされるかもしれません

 


それではその方に登場していただきましょう

 


どうぞ!

 

 

 

その声にわたくしはこう切り出す

 

 

 

さてここでクイズです

 


夢のようなクジが当たったかのようで

 


でも実はその蛇に睨まれたカエルのように

 


視線を合わせたらそれでおしまいだよ的なDJさまと出くわしてしまったゲストとは一体誰でしょう?

 


1 島々の風景をのんびり楽しむマダム陽子

 


2 その島々の食事をゆっくり楽しむマダム陽子

 


3 それに加えて大好きな島々の写真をとりニヤニヤしているマニアなマダム陽子

 


正解されたかたには美人DJさまの激レアの美しいプロマイドが当たるかもしれないそうです

 


あなたさまはどれが正解だと思いますか?

 


その言葉に大爆笑する美人DJさま

 


そしていやあー!さすが即興DJだね!お見事!といいながらもなかなか笑いが止まらない美人DJさまはこう続ける

 


そうだ!リスナーさんが当たったらわたしの美女の写真撮って送らないとねー!あなたカメラも趣味だっていうからあとで撮ってもらおうかしら?

 


その言葉にわたくし

 


そのカメラマンはナウなヤングに大人氣の超売れっ子だからなかなかオファーができません

 


しかもトンデモ破格のオファー料金です

 


その言葉に涙を流しながら笑い続ける美人DJさま


どうしよう!番組が進行しないよー!あなたにオファーしたの間違いだったかなあ!ああーおかしい〜

 


ナウなヤングなんて今どきそんな言葉でるう?

 


年代がバレちゃうじゃん!

 


ちなみあなたおいくつ?

 


笑いながらもそう聴く美人DJさまに

 


わたくしは年齢不詳の永遠のハタチです

 


その若さの秘訣を知りたければ今度あなたさまへ特別にお値打ち価格でご案内いたしますのでご連絡先を教えていただけますか?

 


その言葉に落ち着いていた笑いに火がつきもう声が出ない美人DJさま

 


そして笑いながらももうさあこれやめない?これだけで番組終わっちゃうよ!

 


そのこえにわたくしは声の調子をもどし

 


改めましてみなさまこんにちは

 


アトリエモナトリエY マダム陽子です

 


そう自己紹介すると美人DJさまも笑いながらもあーおっかしかったあ!あなた腕を磨いたねえ!はじめて収録番組を一緒にしたときとは大違いだよと話す

 


するとパソコン画面を見た美人DJさまが


早速メッセージ届いてるよ!ラジオネーム〇〇さん いつもありがとうございます!

 


クイズの答えですがどれも当てはまりません

 


正解は公共施設のウラのオサマダム陽子さんだと思います!だって!

 


その声にわたくしすかさず

 


ラジオネーム〇〇さん

 


おめでとうございます!大正解です!

 


つきましてはあなたさまへ美人DJさまの袋綴じ的プロマイドをお送りいたします

 


そして特別に永遠の若さの秘訣の情報もシェアさせていただきます

 


その声にもうやめて!というのが精一杯の美人DJさま


そのやりとりはフェリーを待つ人たちに響き渡り何事かとこちらへと注目する様子が見えました


すると美人DJさまは再度パソコンを見るとあ!ラジオネーム美人DJの上司さま

 


トークは聴いていて楽しいのですが番組が進まないのでそろそろ戻していただけませんか?だって!怒られた!と話す

 


そのメッセージにわたくし

 


上司さまからカミナリが落ち放送事故とあいなりましたのでこれにて終了とさせていただきます

 


ですがわたくしたちは本土から離れておりますのでそのカミナリはこちらには届きません

 


その声にダメだって!と笑いながらわたくしの肩を揺さぶる美人DJさま

 


すかさずわたくしはこう話す

 


それではこれから美人DJさまのマル秘プロマイド撮影のため放送を終了致します

 


ではまたお会いしましょう

 


その言葉に笑いをセーブする機能が完全崩壊してしまったかのような美人DJさま

 


そしてもうまいったまいった!本当にまじめに戻そう!

 


わたくしもわかりましたといつも通りに話すとあーおかしかったと言いながら口調をもどす美人DJさま

 


やっぱりあなたは生放送の即興が一番似合うね!

 


あなたらしさが一番発揮されると思う

 


ほんとにあの収録の時オファーしてよかったよと話す美人DJさまにありがとうございますとわたくしは話す


すると再度パソコンからメッセージが届き

 


ラジオネーム□□さん

 


こちらも聴いて大爆笑でした

 


まさかマダム陽子さんが来るなんて思っても見なかったからビックリだけど掛け合いが超面白かった! ですって!

 


わたくしラジオネーム□□さんメッセージありがとうございますと伝えるとその大爆笑な空間は落ち着き氣を取り直した美人DJさまは島の話題やイベントなどを紹介


そして途中で立ち寄った二つの公共施設さまからも先程はありがとうございましたとのメッセージが届き


さらには明日立ち寄る奥さま島の公共施設さまからも明日は一同お待ちしておりますとのメッセージにわたくし楽しみに伺いますと話しました


合間にわたくしの本の宣伝もしていただき自分も読んだけどすごく良かったよと話す美人DJさまの言葉にわたくしホッとしておりました


そして番組もあっという間に終了し美人DJさまはほんと楽しかった!今日はありがとう!と話し


こちらこそありがとうございましたといいその場を後にしようとするとあ!ちょっと待って!とわたくしを呼び止める美人DJさま


わたしも今日宿とっているんだけどラジオの後片付けが終わったら晩御飯外で一緒に食べない?のお誘いにわたくしぜひというと


よかった!じゃあ海鮮が美味しい〇〇っていうお店で夕方○時に集合しようの声にわかりましたとわたくし答えるとじゃあ後ほどといい作業に入る美人DJさま


わたくしは一路今晩の宿へと向かいました


そしてその宿に到着し宿泊カバンを持ちフロントへと向かう


すると職員さまがいらっしゃいませと出迎えてくださり予約していたマダム陽子ですと伝えると

 


マダム陽子さま 本日は当宿にご予約いただきありがとうございます

 


そして本の出版おめでとうございます

 


当島の公共施設さまよりご精算なしと伺っております

 


こちら部屋のキーとなります

 


フロント側の階段を登りましたところにお部屋がございます

 


そして温泉はフロント向かいの奥にございます

 


丁寧な説明にわたくしありがとうございますと伝えると目の前にポストカードを差し出す


こちらは夜の島の山の様子を撮影したポストカード3枚セットとなりますの声にわたくしありがとうございます!というとごゆっくりお過ごし下さいと笑顔で話す職員さま


そして二階へと上がり鍵の番号と部屋の番号を確認し入室


そこにはさらに一枚のドアがあり入るとシンプルながらも清潔な畳のお部屋が広がる


そしてテーブルにはあのミネラルウォーターとともに一組の靴下が置いてありそばには出版おめでとうございます 宿一同よりのメッセージカードが添えられていた


その靴下の柄はダーリンが施されておりわたくしたとえこれで人生終えても思い残すことがないとほんわかとした氣もちにたる


そして椅子に腰掛けてテーブルの上に置かれた靴下の隣にいただいたポストカードと沼の売店で購入した花の本をテーブルに並べてみる


旅が始まりまもない時間だが二度とないこの瞬間がとても愛おしく感じる


そんな思いをかみしめながら島々の花が映し出される本をそっと手に取りページを開く

 

 

 

 

妄想インフォメーション25

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/05/073100

 

 


陽子