モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

妄想インフォメーション16

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 

 


みなさまはパートナーさまはいらっしゃるでしょうか


パートナーさまと一言でいってもそれぞれ異なると思うのです


恋人や夫婦はもちろん家族や親友やビジネスパートナーなど


そしてそれは人とは限らないとも思うのです


趣味にしているものやお洋服やおうちそしてその住んでいる場所など多種多様に広がる


でもわたくしこの頃思うのです


それは姿形違えど結局は自分自身ではないかと


そしてそれこそが最強のパートナーである ということ


わたくしは今住んでいるアトリエ兼住宅が最強のパートナーだと思っておりましたがこのたび新たな最強のパートナーとご縁がありました


あるときそれをおなじみの配達員さんから受け取りました


そしてあのピクチャーウインドウが見える居間でゆっくりと開封しました


すると目の前には美しい姿のパートナーさまがそこにはおりました


わたくし照れながらもそれを手に取りパラパラとめくりましたがパートナーさまは決して見ないで!とは言いませんでした


そしてわたくしそのパートナーさまをそっと閉じハグいたしました


するとこれまでの自分がというものがみるみるうちに今の自分と一つになるような感覚となりわたくししばらくそのままでおりました


そしてそのパートナーさまの名を声を出し呼んでみました

 

 

日本の最北から

マダム陽子の妄想トラベルストーリー

 

 

内容はマダム陽子のマル秘袋綴じ的ストーリーブックとなっておりますが実際には袋綴じの付録はついてはいない事をあらかじめご了承くださいませ


そして本や帯のデザインそして言葉など全てが完璧な一冊となっております

 


まずはメインの表紙

 

f:id:atelier_youco:20210502075235j:image

 


こちらの表はあの朝焼け写真を使いそしてお名刺のバックのカラーを重ねたものとなります

 

 

 

そして裏表紙

 

f:id:atelier_youco:20210502075254j:image


幻想的な雰囲氣がとてもお氣に入りです


あれ?バーコードがないじゃん!というそこのあなたさまへ


お二方さまはこの本には似合わないといい本をカバーするビニール袋にシールとして施しましょうということになりました


きめ細やかなお心遣いがとても嬉しいです

 

 

 

そして帯オモテ

 

f:id:atelier_youco:20210502075326j:image

 

 

ウラ

 

f:id:atelier_youco:20210502075341j:image

 


さすがプロ!としか言いようがありません

 


わたくしこんなふうにしたいとイメージを伝えそして写真データを添付したのですがカメラマンさまの繊細な技術そして編集長さまの心温まるメッセージのコラボレーション


一つのアート作品とあいなりました


最北端まみれの写真にわたくし大満足でうっとりしております


ちなみ帯は和紙を使用しております


あとの諸処のことはご縁あるみなさまがその手にとりその真意をお確かめくださいませ


再確認ですがこちらはオンラインショップでの販売のみとなっております


そして本の販売日が決定しそれは知るところとなり関係者方々からおめでとう!ネットショップで予約したよ!楽しみにしているとありがたいお言葉をちょうだいし


地元メディアでも販売コマーシャルをアナウンスしていただいたおかげもあり予約も増えたと後日編集長さまからメールをいただきました


そんなある日わたくしはアトリエで一人の来訪者を迎えました


本来なら関係者の皆さまへ寄贈させていただきたいのですがそれはなんとなく違うのではと思い控えておりました


ですがその方にはプレゼントさせていただきたいと思いわたくし連絡をすると喜んで訪問するといい本日を迎えました


その方は大きな花束を持っていながらも互いにご挨拶ハグをいたしました


そして居間ソファに座りおなじみのオーガニックハーブティーと無添加サブレでティータイム


わたくしはおもむろにそのアート作品を手渡すとその方はすごい!キレイ!と大興奮ししばらく手に取りそれをじっと見ておりました


するとありがとう!あなたとの出会いでわたしもお取り寄せマニアとしてより進化したし仕事での付き合いはもちろんだけどこうして無二の友としてもお付き合いができてとても嬉しい!と笑顔満開でその方はおっしゃいました


そして今ここで読んでいいか?と言われわたくしどうぞというとその方はゆっくりとページを開き視線を落とす


わたくしはいただいた美しい花束を花瓶に活けながら時々その方の様子を見ておりました


そしてわたくしは地元新聞社のエッセイに取り組もうとその方と向き合う形でノートパソコンを開きキーボードをカタカタとタップ


その方から時々ページをめくる音やカップを持ち上げお茶をすすりそしてテーブルに置く一連の音


居間ではその音以外は聴こえず静かではありましたが心地よい空間でもありました


そして氣がつくとピクチャーウインドウは夕暮れを映し出していた頃


パタンと本を閉じる音がしたため対面キッチンで夕食の準備をしていたわたくしはその方へと駆け寄り居間ソファに座り向き合う


するとその方は目を潤ませていてこう話しだす

 


わたしだったらこんな経験はとてもじゃないけど耐えきれない


だけどあなたはそれをクリアしていまここにいる


その事を糧として自分の生き様としている


あなたはその体験をした人の心が誰よりもわかる


全ての経験をしたあなただからこそその姿声にみんな惹かれそして生きていく術とする


それはあなたが経験しようと決めてきたことではあるけれど周りからしたらそこまでと傍目思う


だけどあなたはその無二の信頼できる感覚を使いそれを何なく乗り越えた


それは自分にとって自信となりもう大丈夫だと絶対的な信頼となる


そんなステキな方と出会えてほんとうに嬉しい

 


そう言いながらその方は自分のタオルハンカチでそっと涙を拭いていました


そして本にサインして欲しいといわれたためわたくし部屋からマーカーペンを持ち出しペンのフタをあけおなまえは何と記載しますか?の問いに


プライベートであなたがわたしを読んでいる名前でいいというのでそのニックネームを書きそして無二の友マダム陽子より と記載し


本を閉じ回転させその方へと手渡すと先生ありがとう!と言い先生はやめてよ!の声に二人顔を見合わせ大笑いしました


そして二人対面キッチンにたちマニア情報や本の話などをしながら夕食の用意をして居間テーブルに戻り食事をいただき協力して後片付け


食後の無添加プリンを食べ大満足したところでそろそろ帰るといいわたくし玄関まで見送りその車が見えなくなるまでその場にいました


そして居間ソファに座りその方が読んだ本の自分用を手に取り改めてページをめくる


かつてわたくしは講和の打ち上げスピーチで自分で自分にチャレンジしていると言った


そしてその方が本の感想で周りからしたらそこまでと傍目思うという言葉


いま客観的に振り返ってもそんなことしなくてもラクな方法はいくらでもある


だけどあえてそのラクな路を選ばずに自分は困難とも言える路を選び超えてきた


おそらくはその経験したことをより多くの方々へとシェアしていくための単なるプロセスだとしたら


それを感覚的にそれが必要だということを分かっていて今はそれが分からなくても必ず必要とする


経験している当初からしたらもうどうしようもない延々と続く真っ暗なトンネル


だかあるときふと小さな灯が正面に見え小走りでいくとそこはいつもの風景


何事もなかったかのように

 


そんなことを思いながらテーブルに置いてある無二の友からの心のこもった贈り物の香りを嗅ぎそして自分自身を振り返るように本を読み返した

 

 

 

妄想インフォメーション17

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/04/27/073100

 

 

 

 

陽子