モナトリエY

mon atelier Y - マダム陽子の妄想アートギャラリースペースです。

妄想インフォメーション28

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


みなさまは心から大好きなものはありますか?


そしてそれは単に大好き


ただそれだけ


損得はない


だけどその思いをずっと心の奥底へ仕舞い込んでしまい自分で浮き上がらせることは困難となってしまった


しかし出会いや別れ


そしてその人からかけられる言葉によって


それは息を吹き返し新たに生まれ変わり自分の元へと還ってくる


完全なタイミングによって


その全ての調和が完全になる瞬間が起きようとしていました


わたくしはアトリエマダムでありそして今はボランティアスタッフという立場


ピアニストではない


だけどそのピアニストさまからわたくしにピアノを弾いてほしいといい


さらにはそばにいた関係者みなさまからもわたくしへピアノ演奏するよう促され


これまで押し込めていた思いが身体中駆け巡りそしてそれを開放したい!と感じた瞬間


涙をしっかり拭きそして背筋を伸ばし顔を上げ深呼吸しこう話していた

 

 

ハイ!いつでもいけます!

 

 

その声に一同おお!と歓声そして拍手が広がりピアニストさまもよかったと話し先程よりも表情が少し明るくなる


そしてわたくしへ右手を差し出し互いにしっかり握手をするとあなたのハーモニーを楽しみにしておりますと話しわたくしありがとうございます!と答える


わたくしはまくっていたブラウスの袖をくるくると戻し両腕のボタンをそれぞれ閉める


施設長さまはわたくしの着ていたブラウスを見て衣装もコンサートにちょうどいいねと話しながら


そのスタッフネームを預かるといいわたくし首にかけていたものを手渡し受け取りながら施設長ささは職員さま方へ再開のアナウンス入れてくれる?の声に


それならマダム陽子さんにおねがいしたらどうですか?と舞台マネージャーさまがいうと一同それはいいね!と一致


そしてテスト済みのマイクをどうぞとわたくしへと手渡す舞台マネージャーさま


それをしっかりと受け取りそしてスイッチをオンにしてこう話す

 


ご来場のみなさま

 


このたびのピアニストのアクシデントによりステージが中断していることをお詫びします

 


ピアニストは意識もはっきりとして会話のコミュニケーションもしっかり取れますのでご安心ください

 


そして急遽ではありますが地元でアトリエモナトリエYを主宰しておりますわたしマダム陽子がピアニスト代理として演奏させていただきます

 


わたしは大人になってからピアノを5年習い発表会にも出演しました

 


ですが最北端へ来てからピアノから遠ざかり愛用していた電子ピアノも地元の方へ譲って数年となり今この瞬間まで鍵盤には一切触れていません

 


しかし今日ボランティアスタッフとしてお手伝いさせていただいた際ピアニストさま含め関係者さまとご挨拶させていただいた短いやりとりのなかで

 


わたしのピアノへの想いを汲みとっていただきこのたび温かいご好意によりピアノ演奏させていただけることとなりました

 


ですがわたしは既存の楽譜にある音楽を弾くことはできません

 


さらにわたし自身どのようなメロディを奏でるのか自分でもわかりません

 


しかしこの音楽という名の自分が生まれる瞬間そして創り上げていく時間を皆さまとシェアさせていただきたい

 


そう感じています

 


長くなりましたがこの場を借りて関係するみなさまへ感謝を込めて演奏させていただきます

 


どうぞよろしくおねがいします

 


その瞬間大きな拍手の音が聴こえそしてマイクのスイッチをきり舞台マネージャーさまへ返すと応援しています!と話し


わたくしうなずくと改めてステージ袖にたちそして姿勢を真っ直ぐ伸ばしその美しい姿のピアノが待つ場所へと向かう


そして正面を向きゆっくりお辞儀をすると再度拍手の音がして顔を上げるとそこには公共施設のオサさまや関係者の方々


さらには同行していた女性秘書さまなど見慣れた顔がそこにはあり少し心配そうな表情を見せていたがわたくしみなさまへ向けわずかに微笑む


そしてピアノの椅子に座りペダルを踏み込みその高さを確認するが調整が必要だと感じ立ち上がり椅子の後ろへ周り高さを調整


そして金具をしっかりと止め再度椅子へと座り足をペダルへ伸ばすとしっくり来たのでこれでいいと判断


すると目の前には白と黒対極的ながらも美しいハーモニーを色取る鍵盤そしてその音を届けるためのピアノのスピーカーとも言える大屋根が大きく開き普段は見えない繊細な弦そしてハンマーの姿がそこにはある


わたくしは両手を太ももへゆっくりと起き一瞬目を閉じる


そして目を開けその両手を鍵盤へ触れるか触れないかの位置に置く


すると突如

 


ピアノ大好き!早く弾きたい!

 


という喜びの声が聴こえたかと思うとその高い椅子をヨイショと登りさらに

 


弾いてもいい?

 


といまかいまかと待ちきれないかのようなその声のトーンにわたくし笑顔でいいよ!と答えると

 


やったー!

 


といい鍵盤へと向かったその瞬間

 


その純粋な声とは裏腹にまずは低音の音が聴こえる


そして少しずつ階段を上がるかのように音は高くなっていきそして一氣に軽やかな音を奏ではじめる


するとわたくしはいま自分が弾いていなく観客としてこの演奏を聴いている感覚に陥った


その奏でられる繊細ながらもダイナミックなメロディはピアノの鍵盤から振動によって表現される音でありながらお琴のようにも聴こえる


それを聴いてふいにわたくしはあの日本最北端の地のモニュメントそして旅で訪ねた二つの仲睦まじく寄り添う島々

 


さらにアトリエ兼住宅から見えるその無二の景色

 


そして住宅にある空室の音楽スタジオルーム

 


そこにはすでにグランドピアノがありわたくしはそれを愛おしむように音を鳴らす


それぞれが写真を思い出のムービー作品としたかのようにイメージ映像が大きく広がっていた


その音はまさにこの愛する地を表現しているかのようだった


その楽譜のないメロディを聴きいつまでもこうしていたいと心から思った


そんな思いを汲み取るかのようにピアノはより物語を紡ぐかのように奏でていく


時を感じさせないその無二の音はやがてピークを迎え徐々に終わりを予感させるかのようなメロディとなっていき


そしてふいに

 


あー楽しかった!じゃあまたね!

 


そうピアノの椅子からゆっくり降り姿が見えなくなる


その声にハッとすると両手は鍵盤をしっかりと押さえそのわずかな音の余韻を残しそして音は静かに消える


その両手をそっと離し太ももへと戻す


そしてゆっくりと立ち上がりステージ正面をしっかり向き丁寧におじぎをする


するとシンとしていた空間が突如大きなストームが起きたかのような割れんばかりの拍手となりそして観客の方々は立ち上がりブラービア!という声があちこちに広がっていく


わたくしはその声援を横目にしながらステージ袖へと戻る


するとそこにいたみなさまが拍手で出迎えてくださり施設長さまは笑顔でおめでとう!素晴らしかった!と話す


わたくしは笑顔で頷くとすぐさまピアニストさまの所へ行きそっとハグ


少しの間互いにじっとしていたがやがてゆっくりと体を離すと

 


無二のピアニストの誕生おめでとうございます

 


あなたはピアノを弾いているその姿が一番あなたらしいとほほ笑み先程よりもその表情は明るくなっていた


そして調律師さまがわたくしに握手をもとめ互いにしっかりと手をにぎると


あなたの奏でるピアノからあなたのピアノへの愛が溢れていたと話しわたくしありがとうございますと答える


すると側にいたマネージャーさまもわたくしに握手を求めたため調律師さまとそっと手を離し握手すると


やはりあなたの手はピアノを奏でるためのものでしたねといいその目は僅かながら潤んでいた


すると拍手の感覚が短くなりカーテンコールです!という舞台マネージャーさまの声にわたくしどうしようかと思っていましたが


ふとアイデアが思いつき舞台マネージャーさまへマイク貸してくださいというとどうぞ!と笑顔で渡されマイクをスイッチオン

 


マダム陽子の妄想レディオ出張版第二弾

 


みなさまこんにちは

 


DJマダム陽子です

 


このたびのスペシャルピアノ中継はお楽しみいただけましたでしょうか?

 


ああありがとうございます!お楽しみいただけたようで何よりでございます

 


え?出演されていたピアニストさまは知っているけどその後に出演していたピアニストは知らない?

 


そうです!あなたさまのおっしゃる通り

 


その後に出演していたピアニストは実はピアニストではありません

 


その人はアトリエマダムでエッセイストでラジオDJ

 


さらには自称デルモで最北端から見える島々をこよなく偏愛するレディカメラマン

 


マダムといいながらレディと名乗っていることはどうぞ笑顔でスルーしてください

 


そしてトドメは体にいいもの大好きお取り寄せマニアだからです

 


でもそんなピアニストっぽい人が弾いたこの音楽のCDってあるのかな?というそこのマニアックな

 


いえステキなあなたさまへ朗報です!

 


今回の演奏は唯一無二の演奏となるためプライスレスとなっておりますがどうしても欲しいとおっしゃるあなたさまへ特別お値打ち価格でご提供させていただきます

 


さらにはスペシャル特典として自称デルモが愛用しております永遠の美貌を保つアイテムの情報をシェアさせていただきます

 


マニアなあなたさまにとってはこの上ない大チャンスだと思いますのでぜひご検討くださいませ

 


ですがこれ以上のコマーシャルは放送禁止となる可能性がありますのでわたくしこれにて失礼させていただきます

 


マダム陽子の妄想レディオ出張版第二弾

 


お聴きいただきそしてご来場ありがとうございました

 


お帰りの際の家路到着が心地よいものとなりますように

 


公共施設のウラのオサもといDJマダム陽子がお届けしました

 


センキュー!!

 

 

 

 

妄想インフォメーション29

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/09/073100

 

 

 

 

 

 


陽子

 

妄想インフォメーション27

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


あなたさまは人に質問されこう答えようとしたとき


口から出た答えは全く別の答えだった


なんてことはあるでしょうか


自分は違うと思っている


だけどじつはそれは違う答えではなく本当の答えだったとしたら


それはあなたさまからあなたさまへの確認の質問だったとしたら


心の声を引き出すために


実際はホントのところはどうなのでしょうか


たまにはこのような真面目なスタイルとしてスタートしてみました


充実した旅から帰りいつもの日常を過ごしていたある日のこと


1日オフのためのんびりと過ごし届いていた広報を読んでいると公共施設隣接のイベント会場で最北出身のピアニストが凱旋コンサートを開催するとのこと


さらにはそのイベントのボランティアスタッフ募集という記事もあり久しぶりに参加するのもいいな!と思いたったら即日で施設宛デンワするとあの施設長さまが出られ


わたくし広報に載っていたピアニストのボランティアスタッフに参加させていただきたい旨伝えると


ありがとうございます!慣れているあなたが参加されるとはとても嬉しいと話され広報には載っているが確認にと当日の時間など丁寧に伝えてくださる


スタッフ集合時間は午前10時半


まずチラシ折り込みやペンを挟めるなどの作業


折り込みは七百部でチケットはすでに完売


そして受付や会場案内そして売店のミニブースへとそれぞれ配置


開場時間は午後2時半


開演時間は午後3時


終了予定は午後4時半


そのあとは片付けなどの作業に入り終了後各自解散


そして当日の受付などの配置割り当ては来た時に伝えると話し昼食はどうするか尋ねられるが持参しますと話し互いに楽しみにしていますといいながらデンワを切る


わたくしは久しぶりの活動参加にワクワクしておりもしかしたらグランドピアノも近くで見られるかもしれないと思うとうっとりしていましたが


ふと立ち上がりアトリエの別室にある部屋のドアをそっと開ける


そこは音楽ルームとして利用可能だかこちらにきてから利用する機会がなく空室のまま


広さはグランドピアノが置けミニコンサートが開けるくらいのスペースがある


わたくしはピクチャーウインドウから見える風景が大好きでほとんどをこちらで過ごしていてこちらにはほぼ来ることはない


だけどここだけがぽっかりと空室ということが氣にもなっている


でも今はピアノを習ったり購入する予定は無い


もちろん今もピアノや音楽は大好きだけど言葉にできない違和感を感じている


そんなことをあれこれ考えながらもわたくしはそのドアをゆっくりと閉めその場を後にした


そしてその日をむかえわたくしはメイクを施しそしてお弁当や飲みものの準備


さらに着る服はスタッフとして動きやすい方がいいと思いフェイクレザーのパンツそして上着はコンサート会場なのでちょっとオシャレしたいと思いパープルをベースとした花柄のロングブラウス


襟元には船旅で購入したダーリンと奥さまのバッヂをセットをしてアトリエを後にする


そして車で会場へと向かうと駐車場はまだポツポツと車が止まっているのみ


施設内へと入り事務室をノックし入室


すると応接ミニコーナーで施設長さまと向かい合わせで女性お二方さまと話をしているがわたくしに氣がつきこちらに注目する


すると施設長さまが歩み寄りこのたびはありがとうございますと言いちょうど今ピアニストとマネージャーと打ち合わせしていたところでわたくしに紹介すると言われためわたくしはお名刺を準備


施設長さまはボランティアスタッフのマダム陽子さんで彼女はアトリエを主宰していますと紹介


そして一人の女性さまとお名刺を交換するとピアニストと記されておりさらにもう一人の女性さまはマネージャーと記載されていました


施設長さまはわたくしに自分の隣へどうぞといいわたくしは椅子に腰掛けお二方さまと向かい合う


するとピアニストさまは

 


あなたは楽器に携わっていますか?

 


と訪ねられわたくし大人になってからピアノを5年習っていたがここ数年は離れていると話すとやはり音楽に慣れ親しんでいたんですねとピアニストさま


そしてマネージャーさまも

 


とても器用そうな手をしていらっしゃいますね

 


といいわたくしありがとうございますと話す


すると施設長さまはマダム陽子さんはアトリエマダムの他にエッセイやラジオDJそして即興で講和もされるんですよと話すとおおといいお二方さま顔を見合わせる


するとピアニストさまはピアノがお好きならステージのグランドピアノを見ませんか?いまなら調律師がピアノを調律しています


その声にわたくしぜひみたいです!と即答するとお二方さまそして施設長さまは少し驚いた様子でしたがじゃあ行きましょうといいわたくしはスマホをマナーモードに設定する


そして舞台袖裏のドアを施設長さまがあけ静かに入室


するとそこには一人の男性さまがピアノに向かいワイシャツの袖をまくり耳を傾け鍵盤をボーン!と押し専用器具で音を調節する姿があった


わたくしはかたずをのみその様子をじっと見ていた


ピアニストが最高のパフォーマンスをするためにこうして見えないところで最大限に音を響かせられるように調節していく


その姿はピアノを弾くピアニスト同様一つのアート作品のようにも見えた


そして作業は終了しこちらへと振り向きわたくしたちに氣がつかれる


すると施設長さまがわたくしの紹介そして調律師さまを紹介いただきお名刺交換


わたくしのお名刺をみた調律師さまは

 


あなたもピアニストですか?

 


と聴かれハイと答えていた自分に驚く


そして調律したピアノを触れない程度の距離で撮影させていただきたいというとどうぞといわれわたくしスマホを準備


するとそこには美しく輝くグランドピアノがもういつでも弾いていいよ!と言わんばかりの完璧な姿にわたくしうっとりと見る


ふとわたくしはアトリエの空室の音楽ルームだったらこの大きさで十分大丈夫だなぁと妄想しながらスマホであちこちのアングルから夢中で撮影


わたくしお三方さまがいらっしゃるのをすっかり忘れてマニアタイムを楽しんでいました


そしてそれが終わると調律師さまの道具一式が見えこちらも撮影していいですか?と聴くと調律師さまは驚かれた様子ながらもいいですよといいわたくしそちらもパチリ


そんなわたくしの熱心な姿に調律師さまはピアノが大好きなんですねと話す


わたくしふとどうしてこの仕事に携わることになったのか氣になり尋ねるとビックリされながらも丁寧に教えていただきわたくしも興味深々で少しの時間お話させていただきました


そんなマニアタイムも終了しわたくしお三方さまへこのたびはありがとうございますと話し施設長と一緒に事務室へ戻る


そしてスタッフネームを手渡されわたくしは今日は売り子ブースを担当となりもう少しすると一緒に担当する責任者の方が来ると話す


それまでわたくしは折り込みしてもいいか聴くとぜひというのでわたくしはそちらへ向かい作業している方々さまへご挨拶しチラシを折り込んでいく


そして売り子担当の方が来られわたくしも合流し販売の準備をしながら合間に昼食を取っているとポツポツとお客さまの姿も見られる


そして開始時刻1時間前となりその姿は徐々に増え販売のお菓子や飲み物を買い求める方々も増えていき二人で協力し対応


するとマダム陽子さん!との声が聴こえわたくし顔を上げると公共施設のパパ職員さまファミリーの姿


どうしてこちらへ?の問いにわたくし今日はボランティアスタッフとして参加しているというとそうだったんですね!と口々に話すみなさま


今日は自分は休みでプライヴェートで久しぶりに音楽鑑賞されるとのこと


後にオサさまは公務としてこちらに来る予定で女性秘書さまさらには秘書ドライバーさまが今日は出番としてくる予定のこと


その後売店で買い物をされじゃあといい四人さまは会場ホールへとむかいました


そして開始時刻となりアナウンスや大きな拍手さらにはあのピアノの音色が聴こえてきました


ブース近くにモニター画面がありわたくしたち二人はその様子を見たりそして互いの趣味の話しなどをしながらのんびり過ごしていました


そして時間も終盤に近づいてきた時


突如どよめく声が聴こえわたくしたちは立ち上がりモニターを見る


するとピアニストさまが数人に支えられステージから袖へと移動したあと

 


ピアニスト体調不良のため一時中断いたします

 


とのアナウンスが入る

 


どうなるだろうと話しているとマダム陽子さん!の声が聴こえわたくし振り向くと駆け寄る施設長さまの姿が


慌てた様子でこちらへきてください!といいわたくし即座に施設長さまの後へ続く


走りながらピアニストが体調不良でステージに下がっているがあなたと話がしたいといっていると話す施設長さま


わたくしはどうしたんだろうと思いながらその場所へと向かう


そしてステージ裏へ行くとステージ袖の椅子に腰掛け頭を押さえながらも意識はある様子でマネージャーさまと会話しているピアニストさま


施設長さまがマダム陽子さんをお呼びしましたと声をかけるとああといい顔を上げる


表情は青ざめていながらもわたくしを見ると少し笑顔が見られた

 


そしてこちらにといわれわたくし側にいくとピアニストさまはこう話す

 


わたしは後僅かというところで貧血を起こしてしまいました

 


検査するほどではありません

 


ですがいまはステージに立ち完璧な演奏をするのは困難です

 


ステージを放棄することはしたくはないけれどやむを得ません

 


そこであなたにおねがいがあります

 

 

 

ピアノを演奏してほしい

 

 

 

その言葉にわたくしは驚き言葉なくピアニストさまを見つめているとさらにこう話す

 

 

 

あなたは5年ピアノを弾いたがそれからは鍵盤に手を触れていないといっていた

 


でもあなたと話して思った

 


遠ざかっているとはいえあなたはピアノをそして音楽を愛している

 


なのにそれを避けている

 


おそらくあなたは既存の音楽や楽譜に違和感を感じている

 


だから弾かなくなった

 


でもあなたは即興でトークもできると聴いた

 


それなら即興で楽譜のないメロディを弾くことができるとわたしは思った

 


あなたは心の底ではとっくに分かっている

 


そしてそれを熱望している

 


同じ音楽家としてあなたの氣もちはよくわかります

 


ぜひあなただけのハーモニーをこのステージで奏でてください

 


そうピアニストさまは静かにいい終えわたくしは涙が止まりませんでした


僅かなやりとりでわたくしの思いを全て汲みとるかのような言葉にあふれるものは押さえきれなかったのです


その様子を見ていた調律師さまも続く

 


先程自分の調律を影からそっと見守りそして調律が終わったあとピアノの写真を撮らせてほしいといい自分がどうぞというとあなたはとても嬉しそうな顔をしてカメラを向けながらピアノを愛おしむようにみていた

 


心からピアノを愛していなければそんなことはできません

 


そのあと自分にどうしてこの仕事についたのかなどと笑顔で聴きながらも真剣に熱意をもって聴くその姿

 


そんなあなたの弾くピアノを調律師としてぜひ聴きたい

 


そしてマネージャーさまも

 


応接室であなたの手を見た時そしてピアノを弾いていたと聴きわたしはなるほどなと思った

 


わたしもこの仕事に長く携わっていますがこんなにキレイな手をしている方を見るのは初めてです

 


あなたはその繊細な美しい手で自分を表現するために生まれてきた

 


あなたのその手は楽譜がなくともオリジナルのメロディを奏でることができる

 


あなたならできます

 

 

そうマネージャーさまはおっしゃいわたくしに一枚の美しい柄のハンカチを差し出しわたくし頷くのが精一杯ながらも涙を拭く


そしてその様子を静かにみていた施設長さまがわたくしをみてこう話す

 

 


即興ピアニスト マダム陽子さん

 


次のステージの準備は出来ています

 


あなたの出番をみなさん待っています

 

 

 

妄想インフォメーション28

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/08/073100

 

 

 


陽子

妄想インフォメーション26

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 

 

 

みなさまは


この人にはかなわないなー


もしくはこのお品は最強だ❣️


なんてことはあるでしょうか


どちらにしても互いに認め合いながらそして必要としながら日々を過ごしていく


あるいは

 


自分最強だしい。

 


それもまたステキなココロザシだとわたくしはおもうのです


みなさまはご承知のとおり


わたくしダーリン島を心から愛おしく想っているのですがやっぱり本家の奥さま島にはどうやっても敵わないのです


それは奥さま島へ上陸してひしひしと感じております


町の公共施設さまへご挨拶に訪ねるまで時間がありましたのでわたくし奥さまを巡るドライブをしておりました


有名なあんな場所こんなスポットへと行きましたがそこから見えるダーリン島が表情は違えどとても美しいのです


わたくし本土で世界一ダーリンを美しくのぞむアトリエ兼住宅に住んではおりますがダーリンの真の美しさを望めるのはここ奥さま島だけだと感じます


ですがそんなダーリン愛なわたくしを奥さまは快くそして大きく受け止めてくださっています


ダーリン島そして奥さま島は双方あってこそはじめて存在するのだとわたくし思いました


そしてそれをまとめるかのような本土の最北端のモニュメント


わたくしは自分がすばらしい所で居住しているのだと改めて感激しております


そんなことをかみしめながらわたくしは再度フェリーターミナルの駐車場へ戻りランチを取ろうと徒歩数分の食事処へと向かう


店内はオシャレなカフェのような装いで店員さまの案内で席へと座る


そしてメニューを開くと海鮮料理などがありわたくし迷わず海鮮丼をオーダー


程なくするとお待たせしましたとテーブルに海鮮丼が届きわたくしいただきますと言いきらびやかなその一杯をいただく


そして食べ終わりレジにて会計を済ませごちそうさまでしたと伝え店を出る


スマホ時計を確認すると約束の時間にはまだ余裕がありましたのでわたくし再度フェリーターミナルへ行きトイレに行きエチケットとメイク直しタイム


そして外に出て車に乗り込み一路町の公共施設さまへと向かう


到着し車から降りると正面玄関から職員さまご一同が出迎えてくださりわたくしの姿を見ると拍手の音が聴こえる


そしてそこへ向かうとパーティーでお会いしたオサさまとご挨拶し握手しそばにいた女性職員さまからの花束をわたくしへ一番北の島へようこそといい手渡す


わたくしありがとうございますというとすかさず広報カメラマンさまが撮影に入り記念撮影


それが終わると奥さま島オサさまは応接室へと案内しますといいわたくしの後に職員さま数名も一緒に来られ入室


まずはおかけになってくださいといいわたくしはゆっくりと腰をかける


そのあと女性秘書さまがこちらをどうぞといい差し出されたのはミネラルウォーターと島のスイーツで美味しく食べるなら当日のみという黒糖のまんじゅうで


さらに黒糖は一番南の地域のものを使っているという


こだわりの一品を目の前にお取り寄せマニアマダム陽子にとってはたまらない一品でわたくしうっとりとそれを見ていると


甘いものは食べられますか?と奥さま島オサさまの問いにわたくし大好きです!というとよかったとご一同安心された様子で


それでは食べながらお話ししましょうと言われわたくしいただきますといいそれを口にしながら奥さま島のオサさまそして職員さま方から島での取り組みを聴きながらブレイクタイム


話をしながらもわたくしの衣についていた奥さま島バッヂに一同氣づかれすかさずありがとうございますと奥さま島オサさまはおっしゃり


昨日のサプライズラジオを聴き一同驚いたがDJとの掛け合いがとても楽しかったとご感想をいただきました


そして滞在終了時間となりわたくしありがとうございましたと立ち上がろうとするとこちら旅のおともにどうぞと袋に入った箱を差し出されこちらはあの黒糖のまんじゅうが入っているという


わたくし思わず嬉しい!というと奥さま島オサさまは氣にいっていただけてよかったですと話されご一同さまもニコニコとされていました


そしてこのたびはありがとうございましたといいみなさまに見送られ公共施設を後にしわたくし今晩の宿へと向かう


天氣は快晴でしたが段々と風が強くなっているのを感じておりました


そして今晩の宿がある場へと到着しその関連する店の駐車場へ止め車から降りるとドアが風で持っていかれそうになる風がわたくしを出迎えました


慌ててドアを閉めそして歩き出そうにも髪の毛やジャンバーがバタバタと動きそれでもなんとか宿へと向かうと目の前には


日本の最北限の岬と看板がありわたくし一眼レフでそれを撮りましたがセルフィーはとてもじゃないけど無理だと判断して引返し


宿があると言う崖のような階段をゆっくりと降りるがとにかく風が強くてわたくしは転ばないようにと一歩づつゆっくり降りる


なんとか宿へと到着するとそこは荒々しい波しぶきが立ちそして海鳥が風に負けまいと必死に羽を広げている姿にわたくしシャッターを押す


そして宿へと入りこんにちは!というが誰も来なかったのでカウンターにあるチャイムを押すと


はーい!と足音が近づく音がしひとりの女性さまがわたくしの方へと来られたためわたくし予約していたマダム陽子と申しますというと


マダム陽子さんですねといい宿泊予約が記載されている用紙を確認される


すると本日は一泊で食事なしそして精算は公共施設さんが対応することを連絡受けていますと話し部屋の鍵をわたくしへと渡すと


お風呂は宿から離れたところにありそこは男女別々で家族風呂のような仕組みで入浴するときは鍵を掛けてくださいと話す


わたくしありがとうございましたといいその部屋へと行きそして荷物を置くと窓からはあの激しい風で波が大きく動いておりそして風の音が窓のわずかの隙間から常に聴こえている


今回の旅の計画をしたときわたくし奥さま島で泊まるならここしかないと思い宿泊予約したのですが想像以上の風の強さそして音に圧倒されこれはなかなか体験できないことだと肌で感じました


そしてミネラルウォーターを飲みわたくしダーリン島のお宿でいただいたポストカードに奥さま島公共施設さまあてへお礼の手紙をしたため奥さまの写真が施された切手を貼る


ダーリンポストカードと奥さま切手のコラボレーションにわたくしこのお二方の間には入る隙間がないとひしひしと感じました


そしお風呂へ入ろうと思い支度をして施設の裏玄関から出てそちらへ向かうがやはり風が強くわたくしよろめきながらも入室し鍵をしめる


着替えながら早く温まりたいと思いそして洗い場へ行きシャワーを浴びメイクを落とし湯船に浸かる


わたくしこれまで温泉や露天風呂など数多く経験しましたがお風呂に向かうまでがこんなにワイルドな展開になるとは思いもしませんでした


そして心持ちゆっくり入りそしてお風呂から上がり脱衣場へ行き身支度をしっかり済ませ部屋へ戻ろうと外に出るが強風は変わらずわたくし早く早く!と小走りで裏玄関へと入り部屋へと戻る


そしてはあーと息をつきミネラルウォーターを飲みそして夕食に本土から持ってきていたお取り寄せの酵母パンそしていただいたまんじゅうとともにいただいたあとは


ハミガキやトイレタイムをして支度を済ませあの景色を見ながら持参していた日記帳に今日のことを記す


それが終わると明日朝一番にのるフェリーのため早めに就寝


翌朝起き窓をみるとやはり荒々しい表情を映し出しておりわたくしそれをカメラで納める


そして支度を終え荷物をまとめ忘れものチェックをしてから部屋をでてカウンターに行きチェックアウトし退室


昨日降りてきた階段を今度は登るが行けども行けども辿り着かずわたくしハーハーいいながらもやっとの思いで地上に到着


そして駐車場へ行き荷物をいれ一路フェリーターミナルへと向かう


向かいながら左側から見えるダイナミックな景色をチラリと見ながら走らせそしてターミナルへと到着し車を止め受付カウンターへ行き手続きをする


そして外に出て公共施設さまあてポストカードを投函し駐車場の車をフェリー乗船のためスタンバイ


程なくすると担当者さまが誘導してくださり車をバックさせ入庫


わたくしだいぶスムーズに移動できるようになりました


車が動かないようサイドブレーキも止めそしてデッキへと向かう


そして汽笛の音がすると船はゆっくりと今いた場を離れ景色がどんどん遠ざかる


それをカメラにおさめしばらくの間じっと見つめていました


体を休めようとあの一等ルームへといきそして窓から見える厳しくも美しいその島々がだんだん小さくなっている姿を静かに見る


本土到着までしばらく時間があったためわたくしこの旅の写真のデータを整理しながら一眼レフでの撮影が楽しいと感じ快適なひとときを過ごしておりました


そしてもうすぐ本土へ上陸しますのアナウンスにわたくし車がある場へと行き乗車し準備


そして船は上陸のためスローペースで大きく動き静かに止まる


暗かった船内がどんどん明るくなりそして順番に車を発車していきわたくしもゆっくりと走らせそして橋渡しのボードを通り抜け本土へ上陸


そのままアトリエ兼住宅へと向かい無事に到着すると鍵を開け旅行カバンそしていただいたお花などを玄関ホールへと順番に置く


そしてまずはお花を花瓶に生けて居間や対面キッチンそして玄関ホールへとそっと置く


旅行カバンの着替えなどを整理し片付けていき一眼レフカメラやスマホのバッテリーを充電しながらわたくしはピクチャーウインドウから見えるあの景色をみる


ついさっきまであの場へいたのだと思うととても不思議な感じがしながらまだフェリーに乗っているような感覚も残る


そんな余韻も残りながらこの旅の体験全てがこれからの糧になっていくのだろうと思いながらいつもの日常へと戻っていくのを感じていた

 

 

 

 

妄想インフォメーション27

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/07/073100

 

 

 

 

陽子

妄想インフォメーション25

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


みなさまは船での旅の際


いつかどこかで見た聴いたあのポーズをしたい


と思ったことはありますか?


わたくしも一時期は憧れてはいましたがそれは不可能だということがわかりました


何故か?


それはわたくしが高所恐怖症だからです


あの高さから下の海を覗き込むだけで脚がザワザワします


でもやっぱり覗きたい


そんな矛盾をかかえてもおります


ですがそんな矛盾もあってもいいのかなと最近は思っております


無理にそれを消す必要もないのではと感じております


持ちながらでも旅は楽しめると思います


そんな旅の初日はドトウの1日となり夕食をあの美人DJさまと取ることになりその間宿でのんびりと過ごしておりました


するとスマホから振動がなりメッセージが入る


わたくし確認するとあのお取り寄せマニア友の女性秘書さま


いえいまはプライヴェートタイムのため別名ネエサンからわたくしがフェリーに乗った際に送ったマニア写真の返信がとどいておりそれを開くと

 

 

 

うわー!キャプテン陽子カッコイイー💕😍

 


そしてダーリンとイチャイチャしすぎ笑

 


明日奥さんの所へ行くんだからほどほどにね❣️

 


ダーリンとのお土産写真はもうお腹いっぱいなのでおきずかいなく笑

 

 

こうしてわたくしのマニア写真にしっかりリアクションしてくれる友がいるのはほんとうにありがたいなとひしひしと感じております


そして美人DJさまとの約束の時間が迫りわたくし支度を済ませ部屋の鍵を閉めフロントの職員さまへと手渡し


プレゼントのお心遣いありがとうございましたと伝えるとどうぞいってらっしゃいませとにこやかにに見送る職員さま


そして美人DJさまと約束した居酒屋さんへと到着


入店するといらっしゃいませ!お一人ですか?と出迎えてくださるが美人DJさまの姿はまだなくわたくしもう一人来る予定だと店員さまへ伝えると


ではこちらへどうぞと案内されるときにドアがガラリと開きマダム!お待たせの声が聴こえわたくし振り向くとそこには仕事を終えた美人DJさまの姿に店員さまはいらっしゃいませこちらへどうぞといい小上がりの席へと案内される


互いに向き合うように座りまずは飲み物を頼もうということになり美人DJさまはノンアルコールのビール


わたくしはお水をくださいというと少々お待ちくださいといい店員さまはその場を後にする


そして美人DJさまは改めて


いやあ今日は本当に楽しかった!あれからパソコンのメールでもメッセージ数通届いていてまた聴きたいって声ももらったんだよ!


そう笑顔で話していると飲み物が届きそしてメニューを開きそれぞれ食べたい一品料理を数種類オーダー


それが終わるとじゃあ今日はありがとう!


その声にわたくしこちらこそありがとうございます!といい乾杯する


そして美人DJさまは心持ち真剣な表情となりこう話す

 


あなたとは仕事では話はしていたけどこうして仕事以外でゆっくり話がしたかった

 


それははじめて収録オファーのときにも言ったと思うんだけどあなたは自分たちとは違ういろいろな引き出しを持ちそしていろんな経験をしてきたんだって

 


そして本を読んだときわたしはやっぱりなと思った

 


あなたはその経験したことをこれから新たに数多くの人たちに広げていくために本を執筆したんだって思った

 


すると頼んでいたお品の数々が届く

 


大きなホッケやホタテ料理などは出来立てで湯気がたっていた

 


それを食べながら美人DJさまは話を続ける

 


そして今日のトークしていて思ったんだけどあなたはあの本を出版してから変わった

 


今までのいいところがよりよく引き出されいい意味で吹っ切れたんだと思う

 


これまでメディアで話をしていなかった面を本というツールで公開したことでその隠していた自分が前に出て表現されている

 


こんなことをいったらどう思われるかという思いを文字にして昇華した

 


わたしはそんなふうに思っている

 


わたくしは思いました


いつもはチャメッケたっぷりな美人DJさまが口には出さずともこのようにわたくしのことを見ていてくれていたなんて


わたくしありがとうございますというと


お礼をいうのはこっちだよ!あなたのおかげで職場の雰囲氣も変わったしもっといい局にしようってミーティングも増やし向上心も生まれている


そう笑顔で話す美人DJさま


そして本はもちろんお互いの趣味の話題などで盛り上がり互いに笑いながら島の幸を美味しく頂き時はすぎ


お腹もいっぱいとなりこの辺でおひらきにしようということになるがわたくしその前にトイレに行くといい席をはずれる


そして用を済ませ戻ると美人DJさまは支度を済ませていたためわたくしもジャンバーを羽織りそれでは行きましょうと後につづくと


レジへと向かわず玄関へ向かう美人DJさまにわたくしあの!お会計はというと今日のトーク出演と本の出版お祝いをかねてわたしのほんの氣もち!


さっきあなたが席を外したときに精算済ませたから大丈夫と話す美人DJさまにわたくし驚きながらもありがとうございます!ごちそうさまですというとニッコリしながら


お店の方々へごちそうさま!と声をかけるとありがとうございました!の声が響く


わたくしもおいしかったですと声をかけるとありがとうございますと店員さま方が口々に話す


店をでるとじゃあまた本土でと互いに握手をしその場を後にしました


そしてわたくしは宿へと戻り鍵をもらい部屋へ戻り温泉へ入ろうと道具一式を準備し一階にある入浴場へと進む


そして着替えて洗い場へと行きまずはシャワーを浴びメイクを落としてから大浴場へ体を入れようとするがお湯が熱く少しずつ掛け湯をしながら湯船に入る


体を大きく伸ばしながら今日という一日を振り返りゆっくり体を温めわたくし一人というこの空間を楽しむ


お風呂から上がり身支度を整え部屋へと戻りあのミネラルウォーターをいただきそして歯磨きやトイレを済ませ電氣を消し床につく


そして翌日も快晴の天氣となりわたくし支度をしながらいただいたダーリン靴下を履きカメラをもち朝のダーリン島へご挨拶を兼ねて島を散歩


町はまだ静まりかえっておりわずかな風と鳥の鳴き声が心地よくわたくしは氣になる風景をカメラで撮りながらゆっくりと歩く


ふと見上げるとダイナミックで美しい姿にわたくしたまらず雪化粧してもしなくてもキレイだよ❣️とダーリンに告げる


完全に自己満足な時間を過ごしわたくしはこの上ない幸福感でいっぱいでした


そして宿へと戻りチェックアウトまで部屋でのんびりと過ごしながら撮った風景やダーリンの数々にわたくし思わずウポオーと呟き嬉しさが込み上げる


ふとお宿から頂いたポストカードで公共施設さまあてお礼の手紙を書こうと思いつきわたくしペンを取り立ち寄った二件さまへとしたためる


ちょうど3枚あるので今日奥さま島で公共施設さまに訪問させていただいたあと宿泊するお宿でしたためようと思いそちらはカバンへしまう


実はわたくしこんなこともあろうかと思い本土で購入した最北端地域限定販売の島々の写真が施された切手を持参しておりそのダーリン写真の切手をポストカード一枚ずつ丁寧に貼る


改めて手に取るとダーリンまみれのハガキとなりわたくし思わずうひひと声を出してしまいました


わたくしがこんなマニアなハガキをいただいた日にはもうどんな行動をとってしまうかわからない


そんなことを妄想しておりました


もはやどうすることもできなくなってしまっています


そんな趣味な時間を満喫しているとチェックアウトの時間となりわたくし荷物をまとめ忘れもの最終チェック


そしてドアを閉めて一階のフロントへ鍵をありがとうございましたと言い返却

 


職員さまはこちらこそありがとうございました

 


またのお越しをお待ちしておりますとニッコリと話される

 


わたくしそれではと言い出発しようとすると売店であの靴下が販売されており洗い替えに買っておこうと思い二足手に取り再度フロントへ


するとお買い上げですか?の声にわたくしハイといい財布を取り出し支払いの準備をすると


マダム陽子さま 今回のご宿泊に諸所に関するお支払いは島の公共施設ご一同さまが後日対応する旨伝言を承っておりますので精算は不要です


わたくしはいつかどこかで見た聴いたシーンに全ての動作が止まりました


そしてよい旅をといい丁寧に包装されたお品を差し出されわたくしはありがとうございますといい宿を後に車をフェリーターミナルまで走らせる


途中郵便ポストを見かけハザードをかけ周囲を確認して降りしたためた2通のポストカードを投函


改めてフェリーターミナルまで向かい車を駐車場へと止め受付カウンターへ行き諸所の手続きをする


そして車を所定の位置へとスタンバイしていると船への乗り込み許可が降り車をバックにして船内へと入庫


忘れずにサイドブレーキをかけそしてデッキへと向かうとダーリンの姿をしっかりと目にしながらフェリーは出発


カメラを撮りながらだんだん遠ざかるその姿をわたくしは夢中でおさめる


そしてあの一等ルームへと行きミネラルウォーターを飲みながらしばし休憩


程なくするとまもなく島へ到着しますのアナウンスにわたくしは駐車スペースへと行き車でスタンバイ


船は昨日のようにゆっくりとスローペースで体制を整え着岸


周りが徐々に明るくなりそして車を誘導していただきゆっくりと降りる


そしてターミナルの駐車場へと一旦止めわたくしは同建物の売店にいき今度は奥さまのバッヂを購入


こちらも島を維持していくための支援目的で作られているとのこと


わたくし外の海沿いでダーリンのバッヂと二つ並べて衣に付けてセルフィー写真を今度は無事おさめることができました


そしてダーリンバッヂは一度お休みのため無くさないようにサイフに収納


再度駐車場へと向かう際どこか風の肌触りが違うことを感じしばしそのままでいた


島がわずかな距離で離れていてもやはり北へ向かえば向かうほど変わっていくのだろう


対極する二つの島の最後の島へ上陸したんだという思いを感じながら車へ乗り込み次なる旅をスタートさせた

 

 

 

 

妄想インフォメーション26

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/06/073100

 

 

 

 

陽子

妄想インフォメーション24

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 


みなさまは会社の飲み会もしくは集まりで突然あなたスピーチしてくれる?と言われたことはあるでしょうか

 


ええ?事前に頼まれてもないのにそれはムリ!

 


もしくは

 


あの人スピーチ上手だからその人に頼んでみたら?

 


あるいは

 


よっしゃ!じゃあやってやる!

 


色々な選択肢がありますね


ですがその選択の余地が一切ないパターンがあることをわたくしはあのアトリエに来てからこれでもかというくらい体験しています


仮にこういう例もあるとすると如何でしょうか

 


表上では喋る人がいない

 


だからあなたに頼む

 


でもホントは

 


わたし喋りたいからご指名してね!

 


だったとしたらどうでしょうか


もしこれがホントだとしたらわたくしは思っている以上のエンターティナーなんだなと自分ながらに感じます


ダーリンバッヂが再度この場へわたくしを呼び寄せたかのような不思議な展開を体感してひしひし感じております


わたくし現在一時間の生放送のフリートーク枠をいただきトークしているとは言え久しぶりに緊張しております

 


そんなわたくしの様子を知ってか知らずかご機嫌で番組の流れを書いた用紙に目を通す美人DJさま

 


そして開始時刻となりオープニングの音楽そしてジングルさらにタイトルコールが流れそれが終わると

 


みなさまこんにちは

 


おなじみのDJがお送りする生放送

 


本日は月に一度の島からの放送となります

 


実は本日予定していたパーソナリティの方が都合で欠席しわたし一人で怒涛のトークをするかと思っていましたが

 


なんと!本日偶然にも旅をしているこの方と運命的な出会いをしました

 


本土のスタジオではいつも顔を合わせていますが

 


この方とこうしてトークするのは久方ぶりです

 


それは誰かって?

 


当てたらその方から何かいいものがプレゼントされるかもしれません

 


それではその方に登場していただきましょう

 


どうぞ!

 

 

 

その声にわたくしはこう切り出す

 

 

 

さてここでクイズです

 


夢のようなクジが当たったかのようで

 


でも実はその蛇に睨まれたカエルのように

 


視線を合わせたらそれでおしまいだよ的なDJさまと出くわしてしまったゲストとは一体誰でしょう?

 


1 島々の風景をのんびり楽しむマダム陽子

 


2 その島々の食事をゆっくり楽しむマダム陽子

 


3 それに加えて大好きな島々の写真をとりニヤニヤしているマニアなマダム陽子

 


正解されたかたには美人DJさまの激レアの美しいプロマイドが当たるかもしれないそうです

 


あなたさまはどれが正解だと思いますか?

 


その言葉に大爆笑する美人DJさま

 


そしていやあー!さすが即興DJだね!お見事!といいながらもなかなか笑いが止まらない美人DJさまはこう続ける

 


そうだ!リスナーさんが当たったらわたしの美女の写真撮って送らないとねー!あなたカメラも趣味だっていうからあとで撮ってもらおうかしら?

 


その言葉にわたくし

 


そのカメラマンはナウなヤングに大人氣の超売れっ子だからなかなかオファーができません

 


しかもトンデモ破格のオファー料金です

 


その言葉に涙を流しながら笑い続ける美人DJさま


どうしよう!番組が進行しないよー!あなたにオファーしたの間違いだったかなあ!ああーおかしい〜

 


ナウなヤングなんて今どきそんな言葉でるう?

 


年代がバレちゃうじゃん!

 


ちなみあなたおいくつ?

 


笑いながらもそう聴く美人DJさまに

 


わたくしは年齢不詳の永遠のハタチです

 


その若さの秘訣を知りたければ今度あなたさまへ特別にお値打ち価格でご案内いたしますのでご連絡先を教えていただけますか?

 


その言葉に落ち着いていた笑いに火がつきもう声が出ない美人DJさま

 


そして笑いながらももうさあこれやめない?これだけで番組終わっちゃうよ!

 


そのこえにわたくしは声の調子をもどし

 


改めましてみなさまこんにちは

 


アトリエモナトリエY マダム陽子です

 


そう自己紹介すると美人DJさまも笑いながらもあーおっかしかったあ!あなた腕を磨いたねえ!はじめて収録番組を一緒にしたときとは大違いだよと話す

 


するとパソコン画面を見た美人DJさまが


早速メッセージ届いてるよ!ラジオネーム〇〇さん いつもありがとうございます!

 


クイズの答えですがどれも当てはまりません

 


正解は公共施設のウラのオサマダム陽子さんだと思います!だって!

 


その声にわたくしすかさず

 


ラジオネーム〇〇さん

 


おめでとうございます!大正解です!

 


つきましてはあなたさまへ美人DJさまの袋綴じ的プロマイドをお送りいたします

 


そして特別に永遠の若さの秘訣の情報もシェアさせていただきます

 


その声にもうやめて!というのが精一杯の美人DJさま


そのやりとりはフェリーを待つ人たちに響き渡り何事かとこちらへと注目する様子が見えました


すると美人DJさまは再度パソコンを見るとあ!ラジオネーム美人DJの上司さま

 


トークは聴いていて楽しいのですが番組が進まないのでそろそろ戻していただけませんか?だって!怒られた!と話す

 


そのメッセージにわたくし

 


上司さまからカミナリが落ち放送事故とあいなりましたのでこれにて終了とさせていただきます

 


ですがわたくしたちは本土から離れておりますのでそのカミナリはこちらには届きません

 


その声にダメだって!と笑いながらわたくしの肩を揺さぶる美人DJさま

 


すかさずわたくしはこう話す

 


それではこれから美人DJさまのマル秘プロマイド撮影のため放送を終了致します

 


ではまたお会いしましょう

 


その言葉に笑いをセーブする機能が完全崩壊してしまったかのような美人DJさま

 


そしてもうまいったまいった!本当にまじめに戻そう!

 


わたくしもわかりましたといつも通りに話すとあーおかしかったと言いながら口調をもどす美人DJさま

 


やっぱりあなたは生放送の即興が一番似合うね!

 


あなたらしさが一番発揮されると思う

 


ほんとにあの収録の時オファーしてよかったよと話す美人DJさまにありがとうございますとわたくしは話す


すると再度パソコンからメッセージが届き

 


ラジオネーム□□さん

 


こちらも聴いて大爆笑でした

 


まさかマダム陽子さんが来るなんて思っても見なかったからビックリだけど掛け合いが超面白かった! ですって!

 


わたくしラジオネーム□□さんメッセージありがとうございますと伝えるとその大爆笑な空間は落ち着き氣を取り直した美人DJさまは島の話題やイベントなどを紹介


そして途中で立ち寄った二つの公共施設さまからも先程はありがとうございましたとのメッセージが届き


さらには明日立ち寄る奥さま島の公共施設さまからも明日は一同お待ちしておりますとのメッセージにわたくし楽しみに伺いますと話しました


合間にわたくしの本の宣伝もしていただき自分も読んだけどすごく良かったよと話す美人DJさまの言葉にわたくしホッとしておりました


そして番組もあっという間に終了し美人DJさまはほんと楽しかった!今日はありがとう!と話し


こちらこそありがとうございましたといいその場を後にしようとするとあ!ちょっと待って!とわたくしを呼び止める美人DJさま


わたしも今日宿とっているんだけどラジオの後片付けが終わったら晩御飯外で一緒に食べない?のお誘いにわたくしぜひというと


よかった!じゃあ海鮮が美味しい〇〇っていうお店で夕方○時に集合しようの声にわかりましたとわたくし答えるとじゃあ後ほどといい作業に入る美人DJさま


わたくしは一路今晩の宿へと向かいました


そしてその宿に到着し宿泊カバンを持ちフロントへと向かう


すると職員さまがいらっしゃいませと出迎えてくださり予約していたマダム陽子ですと伝えると

 


マダム陽子さま 本日は当宿にご予約いただきありがとうございます

 


そして本の出版おめでとうございます

 


当島の公共施設さまよりご精算なしと伺っております

 


こちら部屋のキーとなります

 


フロント側の階段を登りましたところにお部屋がございます

 


そして温泉はフロント向かいの奥にございます

 


丁寧な説明にわたくしありがとうございますと伝えると目の前にポストカードを差し出す


こちらは夜の島の山の様子を撮影したポストカード3枚セットとなりますの声にわたくしありがとうございます!というとごゆっくりお過ごし下さいと笑顔で話す職員さま


そして二階へと上がり鍵の番号と部屋の番号を確認し入室


そこにはさらに一枚のドアがあり入るとシンプルながらも清潔な畳のお部屋が広がる


そしてテーブルにはあのミネラルウォーターとともに一組の靴下が置いてありそばには出版おめでとうございます 宿一同よりのメッセージカードが添えられていた


その靴下の柄はダーリンが施されておりわたくしたとえこれで人生終えても思い残すことがないとほんわかとした氣もちにたる


そして椅子に腰掛けてテーブルの上に置かれた靴下の隣にいただいたポストカードと沼の売店で購入した花の本をテーブルに並べてみる


旅が始まりまもない時間だが二度とないこの瞬間がとても愛おしく感じる


そんな思いをかみしめながら島々の花が映し出される本をそっと手に取りページを開く

 

 

 

 

妄想インフォメーション25

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/05/073100

 

 


陽子

マダム陽子のひとりごと。8

 

f:id:atelier_youco:20210503142856j:image

 

 

 

 

ブログ

 


アトリエモナトリエYは

 


マダム陽子誕生とともに

 


いのちを宿した

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


はじめて記した記事

 


最近記した記事

 


客観的に見比べてみて

 


あなたはどう感じる?

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


あなたは

 


自分は文字で想いを表現するのは苦手だから写真メインでブログアップする

 


といっていた

 

 

 

でも

 

アトリエヨウコソ。

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/03/21/084050

 

 

から何か掴めた感覚をあなたは持った

 


それに伴いホンモノのまだ姿形が見えないアトリエモナトリエYへの燃料も注入されつづけている

 

 

 

✳︎

 

 

 


あなたはこれまで他の人のSNSに目を通し情報を得ていた

 


有益な情報そしてこの情報は一体なんなんだ?というものも含めて。

 


だけど今は極端にへり自分のブログに熱中している

 


妄想インフォメーションシリーズがとてもおもしろくて続きが早く読みたい!と思っている

 


一読者としてそしてエセエッセイスト笑

 


として楽しんでいる

 


それは自分に集中していることをさしている

 

 

 

✳︎

 

 

 

そして半信半疑だった理想的な住みたいおうちは必ず存在すると感じている

 


誰かにここにこんな建物あるよ!ってシェアしてもらったわけでもないのに自分はそう感じている

 

 

 

引越しして一か月過ぎてもここはほんとの自分の居住地だろうか

 


ここに根を下ろすのはイメージがわかない

 


すぐにでも戻りたい

 


だけどそれも違うような氣がする

 


とも思っている

 

 

 

 


✳︎

 

 

 

 


でも先日ドライブでひと月ぶりに愛する地へ行った時

 


あぁここやっぱすきだわ♡って感じていた

 


そしていつものデパートで大好きなホタテや地元産の塩やダーリンコンブなどを買いだめし

 


さらには駅のテナントで引越しのおせんべつでいただいたカップシフォンケーキや無添加サブレをお買い上げし駅から出て信号待ちしていたときふと

 

 

 

マダム陽子がこうして買い物してあのアトリエへと帰る

 


そのタイムラインは存在する

 

 

 

と根拠のないイメージがあり

 


そして三年間ここに居たときとは違った想いがあなたの中に湧きあがっている

 


これまでにない確信にも近いような感覚

 


でもわたしはこの買い物が終わったらまた引越し先へと帰る

 


いまいる場所はここじゃない

 


だけど引越し先でもコトバはどんどん降りてくる

 


といって何か真新しい出来事があったわけでもない

 


でも自分なりに校正しながらはてブロを更新しているし未だにこの日記帳意味わかんないといいながらも13の月の暦ダイアリーにも妄想を綴りそのカレンダーも茶の間の壁に飾っている

 


そのカレンダーを見るととても心穏やかで不思議と安心感があり自分に合っているなと感じている

 

 

 

✳︎

 

 

 

そしてあなたはコトバを記すことも楽しくなってきている

 


あなたの大好きなあの小説家さんも下の名前がヨウコさん

 


その方の知的で自然と流れるような構成

 


そして愛とは何かと問いかけてくるようなあの文章がとても好きだった

 


その方の本はもう全て手放したけれど

 


いまは自分なりの文章をコツコツと綴りそれは自分オリジナルになりつつあると感じながら綴っている

 

 

 

✳︎

 

 

 

だけど引越しするまでのプロセスを振り返ると

 


引越しするってわかってからあなたは買い物が不便になるからと言って衣を整えようとした

 


そしたらあの運命の和ンピースにも出会いお宿のシャレオツギャラリースペースでセルフィーを撮りその写真をみてコトバが突如降りてきてアトリエヨウコソ。マダム陽子が誕生した

 


その中でもやっちまったな自分的な出来事も並行して起きた

 


だけどこの引越しはイミがないようでイミがある。

 


とあなたは日々感じながら雨と風が降り続ける休日

 


二度とないこの瞬間を過ごしている

 

 

 

 

 

 

陽子

妄想インフォメーション23

 

わたくし


アトリエモナトリエY

マダム陽子です

 

 

みなさまはお好きなお山はあるでしょうか


そしてそこへ登山など楽しまれたことはあるでしょうか


例えばそこは登山不可だったり


自分は登山はしないけれど


そのお山の写真など見ているだけでしあわせ❣️など


これまでわたくしは山に囲まれたところで生活をしておりました


ですが山には一切興味はありませんでした


なのに最北端に来てからそこで見えるお山に興味を持ち始めいまやそのお山をダーリンと呼ぶまでになってしまいついにはそのお山が見えるところで暮らし始めました


なぜその山に惹かれるのか


それはわたくしもわかりません


ですがそのお山は他のお山とは違う氣がするのです


そんなマニアな話しから始まりますがこの話題はちょくちょく続きますことをご承知おきくださいませ


そんな中でもわたくしは念願のダーリン島へ無事上陸しその風を景色を心にそしてカメラにとどめようとシャッターを押す


そしてひと段落つきわたくしターミナルへ探検に行こうと思い入室


すると館内は清潔感ある広々とした空間でわたくし各フロアを巡る


一角にお土産コーナーがありわたくし立ち寄ると旅の思い出に因んだお品の数々がありしばし眺めていると1センチほどのダーリンの形をしたバッヂがありそれは山を維持そして支援していくために作られたと説明書きがありました


わたくしそれを手に取りレジでこれをくださいというと職員さまはいらっしゃいませといいわたくしを見ると


あの!マダム陽子さんですか?の声にわたくしハイと答えるとえー!番組やエッセイ楽しみにしてますの声にありがとうございますと答えると

 


今日は生中継参加でこられたんですね!

 


の声にわたくし思わずえっ?というと

 


あれ?ご参加じゃなかったんですか?今日午後からターミナルの一角にあるスタジオで中継があるんですよ!おなじみの女性DJさんが先程フェリーでお見えになっていま準備しているそうです

 


と話す職員さまにわたくし今日はプライヴェートで旅をしているんですと答えると

 


あらそうだったんですね!

 


でもマダム陽子さんがここにいるって知ったらDJさん喜ぶと思いますよ!

 


わたくしありがとうございますと言いそしてバッヂのお代を支払い受け取るとステキな旅を!の声に笑顔でその場を後にしながら


そうだ!あのバッヂをつけようと休憩スペースに腰かけそれを衣にセット


わたくしそれを見てうっとりとしながらセルフィーで撮ろう


でもここは薄暗いからフロアを移動しようと2階へ向かう階段へ登っていると

 


え?マダム?

 


その声にわたくしハッとするとなんとあのラジオ局の美人DJさまの姿が


とても驚いた表情ながらもどうしてここにと言われわたくし旅をしているんだというと

 


そうだったんだ!ビックリしたー

 


その声にわたくしではというとすかさずちょっと待って!これからどうするの?と聴かれわたくしこれから観光しながら二つの町の公共施設へご挨拶へいうと話すと


それじゃあそれが終わったらラジオに参加しない?もちろん諸所のことはあとでキチンと対応させていただく


いま上司に確認するから!といいスマホを取り出し実はフェリーにマダム陽子さんがいて…と話しだす美人DJさま


そしてニッコリとしてあなたと話がしたいってと言いスマホをスピーカーにしてわたくしもしもしというと

 


ビックリしましたよー!あなたがそこへいるなんて!

 


これも何かの縁ですからぜひご参加ください

 


美人DJとははじめての収録以来のコンビですね

 


リスナーさんがたも喜びます

 


では中継楽しみにしています

 


そういい上司さまはデンワを切りました


美人DJさまはスマホを持ちながらいやあ!よかったわ!ちょうど参加する島のパーソナリティが出られなくなって


わたし一人でトークすることになってしまってたんだけどこんなこともあるんだねと話した後は


本のことも色々聴かないとねといいニヤリとする美人DJさまはさらに


中継は午後○時からだからたっぷり時間はあるからその間島を楽しんでね!


何かあったらターミナル宛からでも連絡ちょうだいね!スタジオ二階にあるからといい美人DJさまは立ち去る


わたくしにもはやノーの選択の余地は一切ありませんでした


そしてあのバッヂとともにセルフィーするという目的もすっかり忘れてしまいわたくしはおもむろにターミナルを後に目的地へと車を走らせる


向かいながらなんでこんなことになってしまったのか


わたくしはマニアな旅を楽しみたいだけなのにと思いながらもまずは一つ目の公共施設へと到着


すると正面玄関には多くの人がいらっしゃり拍手をされていてわたくしの姿をみたあのフェリーフリーパスチケットを譲ってくれたオサさまが笑顔で出迎えてくださり


このたびは遠路ありがとうございますといい右手を差し出しわたくしもニッコリと握手


するとそばにいた女性が花束をオサさまへと手渡し本の出版おめでとうございますといいわたしに手渡すと広報カメラマンさまがお二人こちらをむいてください!といい正面へ向き直る


そしてオーケーです!の声に広報カメラマンさまは駆け寄りいい写真が撮れましたと笑顔で話す


わたくしありがとうございますと答えるとオサさまはでは応接室へとご案内しますといいわたくしそのあとへと続くなかも町のことを説明するオサさま


自分たちの町の名前のあとにはフジとついているが対極している町にはついていないという


そんなことを話していると秘書室へと到着し応接室はこちらですどうぞおかけくださいというフジオサさま


そして女性秘書さまが牛乳瓶のような瓶を差し出すとこれは島でしか飲めない特産の乳酸飲料です


好みは大丈夫ですか?と聴かれわたくしいただきますというとよかったと話すフシオサさまと


そしてブレイクタイムが始まるとフジオサさまがこう話す


この後対極の公共施設へ行かれるとのことでそちらのオサと相談し飲み物が被らないようにさせていただきました


あちらではあなたさまが飲まれているというミネラルウォーターを準備するとのことです


わたくしはそのお心遣いにうれしくなりありがとうございますと話す


そしてフジオサさまは公共施設で取り組んでいることや町の話題など丁寧に説明くださいました


すると一人の職員さまはわたくしが衣に付けているバッヂに氣がつき声をかけられフジオサさまはご購入ありがとうございますと話される


わたくしはバッヂを買ったあとラジオの職員と出くわし午後○時から急遽出演することになったエピソードを話すと


おお!と一同から声が上がりそれは楽しみだと言われる


そして滞在時間終了となりわたくしこのたびのお心遣いに感謝しますと話し秘書室を出る


フジオサさまそして職員さまご一同に見送られながら公共施設を後にし次なる施設へと向かう


車を走らせながらそのダイナミックで繊細な景色を楽しみながら対極する町の公共施設へ到着


ここでも職員さま一同が玄関でにこやかに拍手で出迎えてくださりあのパーティーで会ったオサさまがようこそいらっしゃいましたと言い互いに握手


さらに花束もいただき記念撮影をしてから応接室へと案内いただく


そして椅子に掛けると女性秘書さまがあのミネラルウォーターをテーブルへと置くと対極オサさまはまずはお水を飲んで一息入れましょうといいそこにいる全員でいただく


ここでも同席していた職員さまがわたくしのバッヂに氣づかれ声をかけると対極オサさまはご協力に感謝しますと話す


すかさずわたくしはこのバッヂで午後○時からのラジオに出演することになったことを話すと一同から驚きの声とともにそれはよかったですと話す


すると対極オサさまが昼食はどこで食べるか聴かれわたくしこちらの町にある話題のラーメン屋さんへ行くと話すとそれはいいですねと話し


あちらはいつも行列だからこちらで席を予約させていただきます


少し待ってくださいといい秘書室へ向かわれた対極オサさま


その間職員さまとお話しさせていただくと席を離れていた対極オサさまが戻られこう話す

 


お店にあなたさまがこれから向かうと伝え席も予約できました

 


あなたさまが車で向かう旨伝えましたところ駐車場一台分開けておくので到着しましたら店員までお声かけくださいとのことです

 


そしてお帰りの精算はこちらで後日対応する旨お店には伝えてあります

 


どうぞお好きなメニューをお楽しみください

 


同席していた職員さま方もそれはいいですねとニコニコとして口々にいう


わたくしはあっけにとられ言葉が出ませんでした


ですが無意識のうちにありがとうございますという自分の声にハッとしました


そして滞在時間終了となりわたくしはこのたびの温かいお心遣いありがとうございましたと伝え対極オサさまそして職員さま一同さまに見送られ


公共施設をでて駐車場へと向かい先にいただいていた花束と並べるように後部座席にそっとおく


そしていただいていたミネラルウォーターを運転席そばのポケットに置きラーメン店へと出発


程なくしてラーメン店へと到着するとすでに長蛇の列が並んでおりわたくしその人氣ぶりに改めて驚く


一度店のそばに車を止めているとお店から店員さまが出てこられ開店の準備をされていました


わたくしはすかさずマダム陽子と申しますと話すと店員さまはニッコリとハイ!お話は伺っています


そちらの駐車場のコーンを今外しますといいわたくしは車に乗り込む


そしてコーンを外すとわたくし車を入庫


車から降りるとどうぞこちらへといいわたくし並んでいる列を目掛けて行こうとすると店員さまはそのまま入店していただいて大丈夫ですと小声でささやく


わたくし驚きながらもオープンを待つ行列の方々の横をすり抜け入店


するといらっしゃいませ!とハキハキした声が響き調理場には複数の店員さまが準備していました


そしてマダム陽子さんがいらっしゃいましたとカウンター越しから店員さまが声をかけると男性と女性がこちらに来られる


するとラーメン店を営んでいる夫婦ですと男性がいいわたくしはじめましてとご挨拶すると大将さまがお店のお名刺を差し出す


そしてわたくしも自分のお名刺を手渡すと大将さまはこう話す

 


先程公共施設から電話があり驚きました

 


今日は来ていただきありがとうございます

 


ぜひ島の味を楽しんでいってください

 


そして女将さまも後に続き

 


このたびは本の出版おめでとうございます

 


あなたさまのラジオやエッセイいつも楽しみにしています

 


こうしてお会いすることができてうれしいです

 


すると大将さまが開店前に色紙にサインをいただけるか言われわたくし驚きました


これまで本にはサインはしておりましたが色紙ははじめてでしたのでドキドキしながらもではサインさせていただきますというと


女将さまがこちらにおねがいいたしますといいわたくしその真っ白な空間へ向かいお借りしたペンを滑らせる


そしてそれを回転させご夫婦さまへ手渡すとありがとうございます!いただいた名刺も色紙に貼って早速飾りますといいそれを店員さまへと手渡す


そしてペンをお返しすると自分たちと写真を撮ってもらえるか尋ねられわたくし是非にというとご自身のスマホを取り出し店員さまへ手渡しまずはご夫婦さまとスリーショット


続いてみんなで撮ろうということになりスマホが倒れないようにセットされそしてタイマーをかけパチリ


スマホを確認した大将さまは大丈夫!と言われそしてありがとうございましたと話す


では席へご案内しますと女将さまがご案内していただいた席は奥まった小上がりの席にはそれぞれスペースを仕切る道具が置いてありました


さらに座布団が対面で4枚ありわたくし女将さまを見るとお氣にせずごゆっくりどうぞと言われそしてわたくしは即座に名物のラーメンを注文するが


苦手な具があるのですがというとではそのように対応いたしますといわれわたくしそれを伝えるとかしこまりましたといいその場をあとにされました


程なくすると店員さまがお水を届けに来てくださりわたしラジオとエッセイいつも楽しみにしているんですといわれわたくしありがとうございますと話す


そして開店の時間となり店内は賑やかな空間となる


ラーメンが届くまでのあいだわたくしは各公共施設さまでいただいたお名刺を整理し心温まるお出迎えや対応を振り返っておりました


すると店員さまがわたくしへお待たせしましたといいラーメンを運びテーブルへと置く


そしてごゆっくりどうぞといい店員さんはそこを離れる


わたくしそれをいただきますといいほのかに香る焦げた醤油そしてダーリン昆布のダシの風味を味わっておりました


わたくし最近ラーメンといえばお取り寄せの無添加インスタント麺ばかり食しておりましたので久しぶりの感触やその無二の味をゆっくりと味わいました


そして食事を済ませレジカウンターへごちそうさまでしたというと大将さまが顔をこちらへ向けありがとうございます!といいながら視線を調理へと向けられていました


女将さまがレジに来られ遠路ありがとうございましたと言いこちらをあなたさまへとわたくしへと手渡す


袋の中を覗くと箱が入っておりお店のラーメンが自宅で味わえ数食分の麺とスープが入っていてこちらは販売もしているという

 


ぜひご自宅で島の味をお楽しみください

 


ほんの氣もちですと話す女将さまにわたくしありがとうございますと話す


するとお店の壁にわたくしがサインした色紙が早速貼り出されておりわたくし色紙にサインは初めてなので写真を撮っていいか話すとどうぞと笑顔で話す女将さま


わたくし一眼レフそしてスマホで記念の一枚を撮りお店の方々へ改めてお心遣いありがとうございましたと話すと一同ありがとうございました!


と言われお店を後にし車へ乗り込みましたがラジオの中継スタートまでまだ時間がありましたのでわたくしどうしても行きたかった場所へ向かう


到着すると観光バスも駐車しておりわたくし車をおりそこへ向かう途中にある吊り橋のような道を渡るとそこは円形状の大きな沼となっており


そして鏡のようにダーリンが僅かに波打つ湖面に逆さに映し出されていました


わたくしすかさず一眼レフでおさめさらにスマホでセルフィー


そして沼に遊歩道があり一周できるとのことでわたくしゆっくりと歩き出しました


天氣もよく鳥の鳴き声も聴こえ心地よい空間の中ウォーキングを楽しみました


そして帰ろうとした時お土産屋さんの建物があり入店するとそこにはポストカードや関連する本の数々があり島々の自然写真が数多く彩っていました


すると島々の自生する花を紹介するの本がありわたくしそれを手に取りレジにて購入


そして今来た道を通り今度は大きな湖がある地へ移動


到着し湖へ向かうと先程の沼と同様湖面にはダーリンの美しい姿が映し出されておりこちらもカメラとスマホでおさめる


ダーリンまみれの旅にわたくしの顔の筋肉は緩みっぱなしです


すると立て看板に有名なお菓子の包装用紙にダーリンの絵柄が記入されているという説明がありました


わたくし昔はよくそのお菓子を好んでいただいていました


ですが当時はダーリンを知る由もなくただお菓子が美味しいと食べておりました


いまはもう口にはしませんがこんな身近なところでダーリンを見かけていたんだなあと思うと不思議な感じがいたしました


そしてテナント店がありわたくし入室すると香ばしい香りが広がりホタテやイカなどの海鮮焼きもありましたが


大好きな海鮮を目の前にしながら食べたいけれどラーメンを食べたばかりで残念だと思いながらもせっかく来たのでと思いソフトクリームをオーダー


そして快晴のもと外にあるベンチでソフトクリームを食べながら飽きずにダーリンのお姿をじっと見ておりました


スマホ時計を見るとラジオ中継スタートが迫っておりソフトクリームの包み紙をゴミ箱に捨て一路フェリーターミナルへと向かう


無事到着しまずはトイレに行きそしてエチケットタイムとメイク直し


そしてスタジオがある2階へ向かうとその場所では美人DJさまが生中継の準備をしておりました


わたくし駆け寄ると美人DJさまはニッコリと出迎えてくださり今日はありがとう!こちらは準備バッチリだよと話す


そして軽く一連の流れを説明しますといい最終打ち合わせ


放送は30分で島の話題を中心にトークをしながら間ではお便り紹介をしていくという


打ち合わせしながらわたくしは不思議な感覚でした


のんびりマニア旅を楽しもうと計画していたのに思いがけないところでいつものライフスタイルとなったこと


でもそれは不自然でなくとても自然で当たり前のような流れ


表上では予定ではなかったけれど実は最初から決まっていた予定だったとしたら


そんなことを考えながらも着々とそのステージの開始時間は迫っていた

 

 

 

 

妄想インフォメーション24

https://galerie.monateliery.work/entry/2021/05/04/073100

 

 


陽子